軽自動車燃費ランキング!40車種を比較した燃費性能の違いとは?

この記事は11分で読めます

軽自動車燃費ランキング!40車種を比較した燃費性能の違いとは?

軽自動車燃費ランキングについて


軽自動車は現在、「ハイトワゴン」「スーパーハイトワゴン」「SUV」「スペシャルティ」「セダン」「ワンボックス」といった様々なタイプのモデルがあります。

それらのモデルの中で燃費性能が優れているモデルをランキング形式でご紹介させていただきます

そして、軽自動車の中には「OEM車」と言って、販売しているメーカーが違うだけで燃費性能が同じモデルがあります。

その場合は、順位が同じになっています。

これから軽自動車40車種の燃費性能をご紹介いたしますので、あなたのお車選びの参考にしてみてください。


第39位「ダイハツ アトレーワゴン」




(2005年5月発売)


燃費性能


13.8~15.2km/L


価格


153万3600円~178万7400円


プロフィール


商用車がベースのワンボックスカーです。

後席を倒すと広い荷室になり実用性が高いモデルです。

荷室の床や後席を倒した背面に「防水」や「防汚」処理を施してあるので趣味やレジャーにも向いています。

あとは、運転支援システム「スマートアシストⅢ」が全車に標準装備されています。


第39位「スバル ディアスワゴン」




(2009年9月発売)

燃費性能


15.2km/L


価格


156万600円~181万4400円


プロフィール


ダイハツから発売されている「アトレーワゴン」のOEM供給車です。

なので基本的な性能はアトレーワゴンとほとんど同じになります。

シートアレンジが多彩で、積載性も高いのでレジャーや趣味としても使いやすいです。

あとは、安全性も高いです。


第34位「スズキ ジムニー」




(2018年7月発売)

燃費性能


13.2~16.2km/L


価格


145万8000円~184万1400円


プロフィール


軽自動車の中で最も優れた悪路走破性を持つ本格オフロードモデルです。

(林道での走破性なら世界トップクラスの走行性能を持っています)

ただ、室内や荷室は狭いので趣味性の強いモデルとなっています。

オフロード車ですが歩行者を検知してくれる自動ブレーキが装備されています。

(安全性は低くないです)


第34位「マツダ スクラムワゴン」




(2015年3月発売)

燃費性能


14.6~16.2km/L


価格


143万6400円~178万2000円


プロフィール


スクラムワゴンは、「スズキ エブリイワゴン」のOEM供給車です。

電動スライドドアで、収納が豊富で、シートアレンジも多彩なので実用性が高いです。

ただ、自動ブレーキの作動条件が30km/h以下と低速なので安全性で見劣りしてしまいます。


第34位「三菱 タウンボックス」




(2015年3月発売)

燃費性能


14.6~16.2km/L


価格


160万9200円~181万4400円


プロフィール


「スズキ エブリイワゴン」のOEM供給車です。

エブリイワゴンとの違いはエンブレムくらいで、ほとんど同じ車です。

実用性の高さが魅力となっています。

スポンサーリンク



第34位「日産 NV100 クリッパーリオ」




(2015年3月発売)

燃費性能


14.6~16.2km/L


価格


160万5960円~182万1960円


プロフィール


「スズキ エブリイワゴン」のOEM供給車です。

全高が高いので室内が広く、積載性も高いです。

ミニバンのような使い方ができるモデルとなっています。


第34位「スズキ エブリイワゴン」




(2015年2月発売)

燃費性能


14.6~16.2km/L


価格


142万5600円~178万2000円


プロフィール


商用車ベースのワンボックスカーです。

全長が1800mm以上もあり、車内がかなり広いです。

そして、スライドドアを装備しているので使い勝手が良いです。

ただ、全高がかなり高いので横風を受けやすいのと、安全装備で自動ブレーキは搭載していますが性能はあまり高くないです。


第32位「日産 デイズルークス」




(2014年2月発売)

燃費性能


20.4~22.2km/L


価格


131万7600円~155万7360円


プロフィール


全長が1700mmを超える背の高いハイトワゴンで日産と三菱が共同で開発したモデルです。

後席の足元が広く居住性が高いです。

助手席にはスライドドアが標準装備されています。


第32位「三菱 eKスペース / eKスペースカスタム」




(2014年2月発売)

燃費性能


20.4~22.2km/L


価格


131万7600円~197万7480円


プロフィール


eKスペースは三菱と日産で共同開発した車で、「日産 デイズルークス」とは性能が同じ兄弟車になります。

室内が広く、積載容量が多く、スライドドアを装着しているので実用性が高いです。

それと、eKスペースカスタムは、外観にメッキやエアロパーツを採用していてスポーティなデザインになっています。


第31位「ホンダ N-VAN」




(2018年7月発売)

燃費性能


17.6~23.8km/L


価格


126万7920円~179万9280円


プロフィール


N-VANは、N-BOXをベースに造られた商用車です。

商用車なんで荷室はかなり広いですが、その分後席は狭くなっています。

あとは、スライドドアの開口部がかなり広いので横のドアからの荷物の積み下ろしがしやすいです。


第30位「ホンダ S660」




(2015年3月発売)

燃費性能


21.2~24.2km/L


価格


198万円~285万120円


プロフィール


軽自動車の中で最も優れた走行性能を持つ本格スポーツカーです。

抜群のハンドリング性能を持っているのでスポーティな走りを楽しむことができます。

あとは、ルーフを外してオープンカーにすることができます。

ただ、荷室がないので趣味性の強いモデルとなっています。


第29位「ダイハツ コペン」




(2014年6月発売)

燃費性能


22.2~25.2km/L


価格


185万2200円~212万7600円


プロフィール


3つのタイプから選べて、ボディの着せ替えができる珍しいタイプのスポーツカーです。

そして、ボタンを押すだけでルーフの開閉ができます。

それと、高いハンドリング性能を持っていてスポーティな走りができます。

デザイン性は優れていますが、走行性能(動力性能や足回り)では「S660」と比べると少し見劣りしてしまう部分があります。


第27位「トヨタ ピクシスメガ」




(2015年7月発売)

燃費性能


23.2~25.4km/L


価格


135万円~184万1400円


プロフィール


ピクシスメガは「ダイハツ ウェイク」のOEM車です。

全高が高く、車内が広いです。

そして、後席を畳むと大容量の荷室になるので様々な使い方ができます。


第27位「ダイハツ ウェイク」




(2014年11月発売)

燃費性能


23.2~25.4km/L


価格


135万円~184万1400円


プロフィール


全高が1800mmを超えるエクストラハイトワゴンです。

(前輪駆動の軽自動車の中では最も背が高いです)

車内が広く、シートを畳むと大容量の荷室になり、収納設備も豊富で実用性が高いです。


第26位「ホンダ N-BOXスラッシュ」




(2014年12月発売)

燃費性能


21.0~25.8km/L


価格


142万1280円~192万240円


プロフィール


オシャレな内外装のデザインが魅力のモデルです。

外観のカラーや内装のデザインが豊富なので、自分好みのスタイルにすることができます。

それと、低重心なので走行安定性に優れています。

スポンサーリンク



第25位「ホンダ N-BOX / N-BOXカスタム」




(2017年8月発売)

燃費性能


23.0~27.0km/L


価格


138万5640円~208万80円


プロフィール


国産車の中で最も販売台数が多い人気車です。

室内が軽自動車の中で最も広く、後席を倒せば広い荷室になります。

そして、優れた安全装備や運転支援システムを搭載しています。

(一定の車間距離を自動で制御してくれるクルーズコントロールも装備されています)

あとは、子育て世代や女性にとって嬉しい装備が多いです。

人気の理由は、あらゆる性能が高く、使い勝手の良さを追求した造りになっているからです。


第23位「スバル シフォン / シフォンカスタム」




(2016年12月発売)

燃費性能


24.6~28.0km/L


価格


128万5200円~187万3800円


プロフィール


「ダイハツ タント」のOEM車で、ほとんど同じ車です。

開口幅が広いスライドドアが大きな魅力となっているモデルです。


第23位「ダイハツ タント / タントカスタム」




(2013年10月発売)

燃費性能


24.6~28.0km/L


価格


122万400円~187万3800円


プロフィール


全高が1700mmを超える背の高いスーパーハイトワゴンです。

室内が広く、さらに開口幅が軽自動車の中で最も広い「ミラクルオープンドア」を採用しています。

(助手席側スライドドアの開口幅は、1490mmもあります)

あとは、助手席を前に倒すとテーブルになるなど利便性がかなり高いモデルとなっています。


第22位「ホンダ N-ONE」




(2012年11月発売)

燃費性能


23.0~28.4km/L


価格


118万5000円~172万8000円


プロフィール


個性的なデザインと高い走行性能が魅力のモデルです。

特にターボ車は、軽自動車とは思えないほどのパワーのある走りができます。

あとは、スタンダードモデルは全高が1600mmを超えるハイトワゴンですが、全高を低く抑えて立体駐車場が利用できるモデルもラインナップされています。


第21位「ダイハツ ムーヴキャンバス」




(2016年9月発売)

燃費性能


27.4~28.6km/L


価格


125万2800円~167万9400円


プロフィール


オシャレでかわいい外観と女性にとって嬉しい装備が大きな魅力となっているモデルです。

(後席の足元にスライド式の収納ボックスがあり、買い物した袋やバッグなどを置くことができます)

そして、両側スライドドアなので使い勝手が良いです。


第20位「ホンダ N-WGN / N-WGNカスタム」




(2013年11月発売)

燃費性能


24.2~29.4km/L


価格


109万円~164万5000円


プロフィール


突出した性能があるわけではないですが、不満を感じさせる部分もないので幅広い層のユーザーから支持されているモデルです。

車内が特別広いわけではないですが、普段使いにおいて十分な広さがあり運転しやすいサイズとなっています。

そして、経済性(燃費や価格)、安全性、実用性などもユーザーが満足できるレベルになっています。


第17位「日産 デイズ / デイズハイウェイスター」




(2013年6月発売)

燃費性能


21.8~29.8km/L


価格


115万7760円~164万1600円


プロフィール


日産と三菱が共同で作っているハイトワゴンです。

(日産がデザインして三菱が生産しています)

デイズの魅力は、先進技術の装備が搭載されていることです。

運転支援システム「プロパイロット」が設定されていて、オプションですが事故自動通報システム「SOSコール」も採用されています。

安全性や運転のしやすさを重要視しているモデルとなっています。


第17位「三菱 eKワゴン / eKクロス」




(2013年6月発売)

燃費性能


22.8~29.8km/L


価格


129万6000円~176万5800円


プロフィール


日産と共同開発しているモデルで、性能的には「日産 デイズ」に似ています。

デイズと大きく違うのはスタンダードモデルにもターボ車が設定されていることです。

(デイズは上級モデルにしかターボ車が設定されていないです)

あとは、デイズと同様に先進の運転支援システムを搭載していますが、内容が少し違っているので比べたり、確認してみた方が良いです。


第17位「ダイハツ ミラトコット」




(2018年6月発売)

燃費性能


27.0~29.8km/L


価格


107万4600円~142万5600円


プロフィール


低価格で運転のしやすさを重視して造られているモデルです。

そして、価格が割安なのにサイド&カーテンエアバッグを全車に標準装備していて安全性が高いです。

(歩行者を検知する自動ブレーキも搭載されています)

それと、全高を抑えてあるので立体駐車場が利用できるボディサイズになっています。

ただ、価格を安くしているので前輪駆動(FF)モデルはリヤ(後ろ)のワイパーが付いていないです。


第13位「マツダ フレアワゴン / フレアワゴンカスタムスタイル」




(2017年12月発売)

燃費性能


24.0~30.0km/L


価格


133万3800円~190万8360円


プロフィール


フレアワゴンは「スズキ スペーシア」のOEM供給車です。

全高の高いスーパーハイトワゴンで、車内が広いです。

あとは、収納設備が豊富で使い勝手が良いです。



第13位「スズキ スペーシア / スペーシアカスタム」




(2017年12月発売)

燃費性能


24.0~30.0km/L


価格


133万3800円~190万8360円


プロフィール


スペーシアは背の高いスーパーハイトワゴンです。

室内が広く、後席を畳むと広い荷室になります。

あとは、車両重量が軽いので動力性能で不満を感じにくいです。

それと、撥水加工されたシートや便利な収納設備など子育て世代にとって嬉しい装備が多いです。

その他には、安全装備も充実しているので安全性が高いです。


第13位「トヨタ ピクシスジョイ」




(2016年8月発売)

燃費性能


24.6~30.0km/L


価格


122万5800円~177万1200円


プロフィール


「ダイハツ キャストアクティバ」のOEM供給車でSUVと軽自動車が融合したクロスオーバーモデルです。

最低地上高が180mmあり、バンパーにアンダーガードが装着されているのでデコボコ道や雪道でも走りやすいです。

デザインは3種類用意されています。

スポンサーリンク



第13位「ダイハツ キャスト」




(2015年9月発売)

燃費性能


24.6~30.0km/L


価格


122万5800円~177万1200円


プロフィール


デザイン性を重視した「スタイル」、SUVテイストの「アクティバ」、スポーツモデルの「スポーツ」という3タイプをラインナップしています。

そして、内外装の質感が高く、直進安定性やハンドリング性能など走行面での性能も高いです。

あとは、安全装備が充実しています。


第11位「スバル ステラ / ステラカスタム」




(2014年12月発売)

燃費性能


25.6~31.0km/L


価格


111万2400円~174万9600円


プロフィール


「ダイハツ ムーヴ」のOEM車で、性能はほとんど同じです。

(違うのはエンブレムくらいです)

高い走行性能が魅力となっています。


第11位「ダイハツ ムーヴ / ムーヴカスタム」




(2014年12月発売)

燃費性能


25.6~31.0km/L


価格


111万2400円~174万9600円


プロフィール


全グレードに傾きを抑えるスタビライザーを装着したり、ボディ剛性を高めることで安定した走りと快適な乗り心地を持つモデルです。

(走行性能が高いです)

あとは、車内が広く、実用性も高いです。

そして、安全性も高いのでトータルバランスの良い万能車となっています。


第9位「スズキ ハスラー」




(2014年1月発売)

燃費性能


24.2~32.0km/L


価格


111万2400円~174万9600円


プロフィール


ハスラーは、SUVと軽自動車が融合したクロスオーバーモデルです。

最低地上高を高く設定して悪路を走りやすくしてあります。

あとは、汚れを落としやすい素材の荷室や、テーブルになるシートなどレジャーに適した機能を多数搭載しています。

シートアレンジもしやすいので実用性の高いモデルとなっています。


第9位「マツダ フレアクロスオーバー」




(2014年1月発売)

燃費性能


26.2~32.0km/L


価格


111万2400円~174万9600円


プロフィール


「スズキ ハスラー」のOEM供給車です。

デザインやエンブレムなどが少し違うだけで、ほとんど同じ車です。

あとは、ハスラーと違い手動の「5MT(マニュアルトランスミッション)」が設定されていないです。

(トランスミッションはすべてCVTのオートマになっています)

あとは、自動ブレーキを搭載した安全装備が全車に標準装備されています。


第7位「スズキ ワゴンR / ワゴンRスティングレー」




(2014年1月発売)

燃費性能


23.4~33.4km/L


価格


107万8920円~177万9840円


プロフィール


軽自動車のベンチマーク的な存在で、走行性、居住性、実用性、安全性、価格、燃費など様々な性能が高い水準にあるモデルです。

(不満を感じさせないトータルバランスの良い万能車です)

「S-エネチャージ」というマイルドハイブリッド機能やボディの軽量化によって優れた燃費性能を実現しています。

(ボディが軽いので軽快な走りもできます)

そして、視界が良いので運転しやすいです。


第7位「マツダ フレア」




(2014年1月発売)

燃費性能


30.4~33.4km/L


価格


117万7200円~153万360円


プロフィール


「スズキ ワゴンR」のOEM車です。

ワゴンRとの違いは、エンブレムくらいしかないので、ほぼ同じ車となっています。

ただ、グレードには違いがあり、フレアはノーマルエンジンの設定が無いです。

(ハイブリッドしかラインナップされていないです)

ワゴンRと同じ車なので性能のレベルはかなり高いです。


第4位「トヨタ ピクシスエポック」




(2017年5月発売)

燃費性能


32.2~35.2km/L


価格


84万2400円~133万9200円


プロフィール


トヨタから販売されている「ダイハツ ミライース」のOEM供給車です。

性能はミライースとほとんど同じで、低燃費、低価格が大きな魅力となっているモデルです。

低価格ですが、安全装備が充実しています。


第4位「スバル プレオプラス」




(2017年5月発売)

燃費性能


32.2~35.2km/L


価格


89万6400円~135万円


プロフィール


スバルから販売されている「ダイハツ ミライース」のOEM供給車です。

燃費性能は、ミライースと変わらないですが実燃費や走行面で質を高めています。

低燃費、低価格のコストパフォーマンスに優れているモデルです。


第4位「ダイハツ ミライース」




(2017年5月発売)

燃費性能


32.2~35.2km/L


価格


84万2400円~133万9200円


プロフィール


国産車の中でトップクラスの低燃費、低価格モデルです。

それでいて、居住性や実用性、安全性などがそれほど低くはないです。

空気抵抗の低減とボディの軽量化によって走行性能も良いです。

運転しやすく、お財布に優しいモデルとなっています。


第3位「スズキ ラパン」




(2015年6月発売)

燃費性能


27.4~35.6km/L


価格


107万7840円~149万2560円


プロフィール


オシャレで可愛いデザインが大きな魅力のラパン。

女性ユーザー層に向けて造られているモデルで、肌や髪に優しいエアコンや、シートヒーター、便利な収納設備など女性にとって嬉しい装備が多く搭載されています。

他にも、運転のしやすさや服を気にしないで乗り降りできる工夫などもされています。

あとは、走行性能も高いです。

そして、低燃費で安全装備はすべてのグレードに標準装備されています。

(自動ブレーキは低速用なので他のモデルと比べると性能面で見劣りしてしまう部分があります)


第1位「マツダ キャロル」




(2014年12月発売)

燃費性能


27.2~37.0km/L


価格


84万7800円~112万3200円


プロフィール


「スズキ アルト」のOEM車です。

エンブレムが違う以外は、アルトと性能は同じです。

優れた燃費性能と、価格の安さが大きな魅力となっています。

安全装備は最廉価(最も安い)モデル以外に標準装備されています。


第1位「スズキ アルト / アルトワークス」




(2014年12月発売)

燃費性能


22.0~37.0km/L


価格


84万7800円~122万9040円


プロフィール


軽自動車の中で最も燃費性能に優れているモデルはアルトです。

背の高いハイトワゴンと比べると、実用性や居住性において見劣りしてしまう部分はありますが、低価格の割に自動ブレーキや誤発進抑制機能などの安全装備が設定されているし、車両間隔がつかみやすいので運転しやすいです。

あとは、低中速域での走行性に優れているので街中での運転にも向いています。

それと、走行性能を突き詰めたスポーツカーのアルトワークスもラインナップされています。


さいごに


軽自動車は、他のコンパクトカーやSUV、ミニバン、セダンなどのジャンルと比べてボディが軽いので燃費性能が良いです。

そして、車両価格も比較的割安となっていて経済性の高さが大きな魅力となっています。

基本的に軽自動車は他のジャンルと比べて経済性に優れていますが、同じ軽自動車の中でも様々なタイプがあります。

燃費が良くても室内や荷室が狭いモデル。

突出した性能は無くてもすべての性能が水準以上の万能車。

燃費が良く実用性や居住性も良いけど価格が高いモデル。

他にも様々なタイプがあるのでご自身のライフスタイルに合った車をお選びください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このブログについて

Picture globe

当ブログはランキング形式であらゆるジャンルの情報をご紹介させていただくものです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る