新型フォルクスワーゲン(VW)ポロ!価格や燃費、評価とは?

この記事は3分で読めます

新型フォルクスワーゲン(VW)ポロ!価格や燃費、評価とは?

フォルクスワーゲン(VW)のポロとは?


フォルクスワーゲン(VW)は、ドイツの人気自動車メーカーです。

社名の「フォルクス」は「国民の」という意味で、「ワーゲン」は「自動車」で、高級車ブランドが有名なドイツ車の中では低価格、低燃費、運転しやすいなど一般ユーザー向けにモデル展開をしているメーカーとなっています。

そして、安全性の高さもフォルクスワーゲンの大きな特徴となっています。

そのフォルクスワーゲンの「ポロ」は、コンパクトサイズのハッチバックモデルです。

これから、ポロの価格や燃費、性能などについてご紹介させていただきますので、あなたのクルマ選びの参考にしてみてください。

スポンサーリンク



ポロの価格と燃費とは?


価格


209万8000円~265万円

同クラスの国産車と比べると、約50万円ほど割高になっていますが、輸入車全体の中ではかなり割安な価格となっています。


燃費


19.1km/ℓ(JC08モード)

ポロの燃費性能は、国産のコンパクトモデルと比べると(燃費だけを比べてしまうと)見劣りしてしまう部分はありますが、輸入車全体で見ると平均的です。

※日本のコンパクトカーの燃費性能は約20.0~30.0km/ℓと世界の中でもトップクラスの燃費性能となっています。


スタイル




新型ポロの大きさは・・・

全長:4060mm

全幅:1750mm

全高:1450mm

です。

先代モデルと比べると・・・

全長は「65mm」長くなり、全幅も「65mm」広くなり、全高は「10mm」低くなっています。

それと、ホイールベース(前輪と後輪の間)は「80mm」長くなっています。

全高は低くなっていますが、それ以外は全体的にボディが大きくなっています。

ホイールベースが長くなっているので、車内が広くなっているのと、より安定性の増したスタイルとなっています。

プラットフォームはゴルフなどにも使用されている「MQB」を採用していて、ボディカラーは全部で8色設定されています。

スポンサーリンク



内装(インテリア)


新型モデルは、インパネのメーターと同じ高さにナビを設置してあります。



そして、前方の視界が良いので運転感覚はつかみやすいです。

それと、先代モデルは足元が狭く4名で乗車すると窮屈でしたが、現行モデルは全長やホイールベースを長くすることで後席を広くしてあります。




荷室




荷室の広さは、後席を立てた状態で容量は「351ℓ」です。

先代モデルと比べると「71ℓ」増えています。

最大用容量は「1125ℓ」となっています。

(後席のシートは6対4分割です)

スポンサーリンク



安全性




フォルクスワーゲンは世界各国の自動車メーカーの中でも高い安全技術を持っています。

そして、安全性の高さは新型ポロの大きな魅力の一つとなっています。

搭載されている安全支援システム(ADAS)には・・・

・歩行者も検知してくれる「プリクラッシュ(自動)ブレーキ」

・自動での発信と停止機能を備えている全車追従型の「ACC(全車追従機能)」

・後退時に車両の接近を知らせてくれる「ブラインドスポットディテクション(後方死角検知機能)」

・バックで出庫する場合の安全確認をサポートしてくれる「リヤトラフィックアラート」

・駐車スペースを見つけて、ステアリング操作も自動でしてくれる駐車支援システムの「パークアシスト」

・・・などが搭載されています。

あと、バックモニターは後方だけでなく車の周囲360度の状況を知らせてくれる機能が付いています。

その他にも様々な安全装備が設定されています。


新型ポロの走行性能


新型ポロのエンジンは・・・

・「1000cc直3ターボ」

・「1500cc直4ターボ」

・「1600cc直4ディーゼルターボ」

・「2000cc直4ターボ」

・・・と豊富なラインナップとなっています。

1000ccの排気量でも、停止時から100km/hに達するまでの時間は「10.8秒」と加速性に不満を感じることはないです。

そして、最高速度は「187km/h」となっています。

(日常生活においては十分過ぎる走行性能です)


さいごに


新型ポロになって、居住性や実用性が高くなったことでファミリカーとしても使いやすくなっています。

そして、同クラスの国産コンパクトカーと比べると価格は割高で、燃費性能でも見劣りしてしまう部分はありますが、優れた安全性能や走行性能は国産車以上です。

(価格が割高と言っても209万円~で、燃費も19.1km/ℓなので悪くはないです)

内装も上質に作られていて、所有する喜びを感じることができるモデルとなっています。

新型ポロは、運転しやすいサイズなので幅広い年齢層に受け入れられる車です。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このブログについて

Picture globe

当ブログはランキング形式であらゆるジャンルの情報をご紹介させていただくものです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る