ドイツ車の人気メーカーと車種一覧!おすすめモデルや特徴とは?

この記事は9分で読めます

ドイツ車の人気メーカーと車種一覧!おすすめモデルや特徴とは?

ドイツ車の特徴とは?


ドイツ車の特徴は・・・

・優れた走行性能

・先進的で高級感のある内外装のデザイン

安全性が高い

などです。

(ドイツ車のメーカーは世界的に知名度が高く人気もあります)

それと、ドイツの高級車メーカーの価格は割高ですが、近年は300万円以下のお求めやすい車種が増えてきています。

(高級車メーカーの敷居が低くなっています)

これからドイツ車の中で人気の高いモデルについてご紹介させていただきますので、あなたのクルマ選びの参考にしてみてください。


目次




・メルセデス・ベンツ




・BMW




・アウディ


スポンサーリンク



メルセデス・ベンツ





国内の外車(輸入車)の中で、最も販売台数が多いメーカーは「メルセデス・ベンツ」です。

1880年代に(同じ時期に)自動車メーカーとして創業した「ダイムラー」と「ベンツ」が、1926年に合併して「ダイムラー・ベンツ」が誕生しています。

その後、日本では1986年から「メルセデス・ベンツ日本」として販売を開始しています。

ドイツを代表する高級車メーカーで、高い走行性能や先進の運転支援システム、ラインナップの豊富さが魅力となっています。

そして、車に詳しくない人でも「ベンツ」と聞けば「高級車」を思い浮かべるほど高級車の代名詞的な存在で、所有する喜びが得やすいメーカーでもあります。

価格は高価ですが、現在は300万円以下のモデルも販売されるほど敷居が低くなっています。


Aクラス




価格:298万円~720万円

販売店:メルセデス・ベンツ日本


「Aクラス」は、ベンツの中で最もコンパクトなサイズのモデルです。

価格もベンツの中では低価格で車両価格が300万円以下のグレードもラインナップされています。

全長が4.3mと短いので、混雑した道でも運転しやすいです。

それと、全高を1400mmと低く抑えてあるので走行安定性も良いです。

デザインは内外装ともにスポーティに仕上がっています。


Bクラス




価格:364万円

販売店:メルセデス・ベンツ日本


「Bクラス」は、コンパクトなボディで実用性の高いモデルとなっています。

Aクラスのプラットフォームを使用していて、ボディサイズは一回り大きいです。

ホイールベース(前輪と後輪の間の距離)の長さは同じでも、全高を高くしてある分、車内が広くなっています。

荷室もボディサイズの割に広いので、コンパクトサイズのミニバンやステーションワゴンのような使い方ができるモデルです。

パワーユニットは「1600ccターボ」の1種類のみとなっています。

ベンツの中ではスポーティさが少し薄いモデルですが、1600ccターボは、2000ccのノーマルエンジン並の動力性能を持っているのでパワー不足を感じることは無いです。


Cクラス




価格:441万円~1438万円

販売店:メルセデス・ベンツ日本


「Cクラス」はFR(後輪駆動)のベンツモデルの中で最もコンパクトなサイズの車です。

(国産車のミドルサイズモデルと同じくらいの大きさです)

ボディのタイプも豊富で「セダン」「ステーションワゴン」「クーペ」「カブリオレ」があります。

アルミを使用した軽量高剛性ボディを持ち、高い走行性能を持っています。

そして、取り回し性が良く、乗り心地が良いので快適性も高いです。

それと、先進の運転支援システムや安全装備を搭載しています。


Eクラス




価格:682万円~1805万円

販売店:メルセデス・ベンツ日本


「Eクラス」は、全長が約5mのLサイズボディで高い走行性能と快適性が魅力のモデルです。

先進の運転支援システム「ドライブパイロット」を搭載しているのも大きな特徴となっています。

※ドライブパイロットは、状況に応じてステアリングやブレーキ操作など半自動運転をしてくれるシステムです。

あとは、スマートフォンを使って自動で駐車してくれる機能も搭載しています。

ボディタイプは、「セダン」「ワゴン」「クーペ」「カブリオレ」がラインナップされています。


Sクラス




価格:1140万円~3360万円

販売店:メルセデス・ベンツ日本


「Sクラス」は、メルセデス・ベンツのフラッグシップセダンです。

外車(輸入車)の高級サルーンの中で高い人気を誇るモデルです。

外観のデザインはクーペスタイルとなっていて、内装は豪華で先進的なものになっています。

全長が約5.1mあり、全幅も約1.9mと大型なので取り回しに注意が必要な事と、価格が高いこと以外はすべて高い水準の性能となっています。

走行性能、安全性、居住性などベンツのフラッグシップモデルとしてふさわしい性能になっています。

ボディタイプは、「セダン」の他に「クーペ」や「カブリオレ」がラインナップされています。


Vクラス




価格:550万円~819万円

販売店:メルセデス・ベンツ日本


「Vクラス」は、メルセデス・ベンツで唯一のミニバンモデルです。

(背が高く、後席がスライドドアになっていて7人乗りです)

現行型は3代目で、3種類のホイールベース(前輪と後輪の間の距離)を用意しています。

一番長いエクストラロングは全長が約5.3mもあります。

国産車と違い、外車の箱形ミニバン自体が珍しいです。

車内の広さと多彩なシートアレンジが大きな特徴となっています。

そして、内装がベンツらしく上質で高級感のあるプレミアムモデルです。


Gクラス




価格:1080万円~3900万円

販売店:メルセデス・ベンツ日本


「Gクラス」は軍用車がルーツの本格的なクロカンモデルです。

(約40年の歴史を持つロングセラーモデルです)

圧倒的な存在感のある外観と、高い悪路走破性が大きな魅力となっています。

全高は約2mと高いですが、全長は約4.5mで長くはなく視界も良いので運転はしやすいです。

ただ、ボディの大きさの割には車内が広くないです。


GLA




価格:406万円~808万円

販売店:メルセデス・ベンツ日本


「GLA」はコンパクトサイズのSUVモデルです。

Aクラスをベースにしたモデルで、全長が約4.4mと短く、全高も約1.5mと低いので立体駐車場を利用することができます。

SUVですが、乗っている感覚はハッチバックと変わらないので運転しやすいです。

オフロード走行もできますが、スポーティな走りが魅力のモデルです。


GLC




価格:609万円~1455万円

販売店:メルセデス・ベンツ日本


「GLC」はミドルサイズのSUVモデルです。

国内のミドルサイズモデルと同じくらいの大きさで、取り回し性が良く運転しやすいです。

(Cクラスと同等の機能を備えたSUVモデルです)

居住性や実用性が高く、先進の運転支援システムも搭載されているのでファミリーカーにも適しています。

そして、オフロード性能も高いです。

外観がクーペスタイルの「GLCクーペ」もラインナップされています。


GLE




価格:878万円~1800万円

販売店:メルセデス・ベンツ日本


「GLE」は、Eクラスに相当するLサイズの上級SUVモデルです。

オンロードとオフロードの両方で高い走行性能を持ち、上質な内装のデザインが魅力となっています。

ボディが大きいので室内や荷室が広く、居住性や実用性に優れています。

高い動力性能によってスポーティな走行ができて、高級サルーン並の快適な乗り心地の良さを持っています。


GLS




価格:1091万円~1938万円

販売店:メルセデス・ベンツ日本


「GLS」はメルセデス・ベンツSUVのフラッグシップモデルです。

全長が5.2mで、全幅は2mという大柄ボディで3列シートを備えた7人乗りとなっています。

3列シートですがボディ自体が大きいので、車内はゆったりと座れて余裕があります。

(車内は静粛性が高く、乗り心地が良いです)

そして、オンロードとオフロードのどちらでも高いパフォーマンス性を持ち、どのような路面でも優れた走行性能を発揮してくれます。

ただ、ボディが日本の道路では大きすぎるので取り回しには注意が必要です。


スポンサーリンク



BMW




1916年に航空機メーカーとして創業して、その後は自動車をメインとしたメーカーとして高性能モデルを作り続けています。

最近は、FR(後輪駆動)のモデルだけでなくFF(前輪駆動)や高い電動技術を活かしたモデルもラインナップされていきています。

「BMW」という社名は「バイエリッシュ・モトーレン・ヴェルケ(バイエルン地方のエンジン製造工場)」の頭文字を取ったものです。

BMWは、高性能なエンジンとラグジュアリーな内装が魅力の自動車メーカーです。


1シリーズ




価格:317万円~632万円

販売店:BMW


「1シリーズ」はコンパクトサイズのハッチバックモデルです。

(全長は4.4m以下と短いです)

駆動レイアウトを50対50に近い重量配分にすることで高いハンドリング性能を実現しています。

内装はスポーティでクロームメッキを使用した上質な作りになっています。

それと、安全装備を充実させています。

ただ、コンパクトサイズなので後席や荷室は少し狭いです。


2シリーズ




価格:363万円~827万円

販売店:BMW


「2シリーズ」はバリエーション豊かなコンパクトモデルです。

ラインナップは・・・

・2ドアクーペの「2シリーズクーペ」

・電動開閉式のソフトトップを備えた「2シリーズカブリオレ」

・全高を立体駐車場が利用できる1550mm以下に抑えたミニワゴン的な「アクティブツアラー」

・3列シートを備えたコンパクトミニバンの「グランツアラー」

となっています。

クーペとカブリオレは駆動方式が「FR(後輪駆動)」ですが、アクティブツアラーとグランツアラーは横置きエンジンの「FF(前輪駆動)」となっています。

FFモデルでも走行性能は低くはないです。


3シリーズ




価格:431万円~1280万円

販売店:BMW


「3シリーズ」はDセグメントのBMWを代表する世界的に人気の高いモデルです。

(ボディサイズは全長が約4.6mで全幅は約1.8mなので国産車のミドルサイズと同じくらいの大きさです)

低重心なので走行安定性に優れていて、ハンドリング性能も高いです。

そして、クリーンディーゼルターボは動力性能が高く燃費も良いです。

ボディタイプは「セダン」と「ワゴン(ツーリング)」と「ハッチバック(グランツーリスモ)」がラインナップされています。


4シリーズ




価格:593万円~1304万円

販売店:BMW


「4シリーズ」はクーペスタイルのスポーティなモデルです。

以前は3シリーズのバリエーションに入っていましたが独立して2ドアの4シリーズとなっています。

高級感があり、高い走行性能と快適性が魅力のモデルです。

現在のボディタイプは「2ドアクーペ」の他に「4ドアクーペ」とオープンカーの「カブリオレ」もラインナップされています。


5シリーズ




価格:635万円~1703万円

販売店:BMW


「5シリーズ」は、Lサイズの高級セダンです。

(セダン以外にワゴンもラインナップされています)

部品に金属の複合材とアルミニウム材を使用することで驚異的な軽量化を実現しているモデルです。

先進的で人間工学に基づいたインテリアと優れた走行性能が魅力となっています。

それと、運転支援システムも充実しています。

同クラスの他社モデルと比べて静粛性や乗り心地が高いので、とても快適に乗ることができます。


7シリーズ




価格:1093万円~2520万円

販売店:BMW


「7シリーズ」は、BMWセダンのフラッグシップモデルです。

全長は5mを超えるLサイズボディとなっています。

大型ボディですが、炭素繊維技術のカーボンコアを使用することで軽量化を実現しています。

BMWセダンのフラッグシップモデルらしく、トップクラスの運動性能と高級感と快適性を兼ね備えたモデルとなっています。


X1




価格:417万円~627万円

販売店:BMW


「X1」はBMWで最もコンパクトなサイズのSUVモデルです。

以前は「FR(後輪駆動)」でしたが、現行型は「FF(前輪駆動)」となっています。

ボディサイズの割に後席は広くなっています。

SUVですがスポーツ性の高いモデルで、SUVとしての機能を重視するならFFの「sDrive」ではなく、4WDの「xDrive」を選んだ方が良いです。


X3




価格:639万円~710万円

販売店:BMW


「X3」はミドルサイズのSUVモデルです。

ボディサイズが全長約4.7mなのでSUVとしては日本でも扱いやすいサイズとなっています。

重量配分を50対50にした高い走行性能や、先進の運転支援システムを搭載していることが大きな魅力となっているモデルです。

あとは、インテリアは先進的で高級感があります。


X4




価格:742万円~912万円

販売店:BMW


「X4」はクーペスタイルのミドルサイズSUVです。

SUVですが、スタイリッシュなデザインが魅力となっているスポーツモデルです。

(先代モデルのX3をベースに外観のデザインをクーペスタイルにしています)

そして、高い動力性能を持ち、ハンドリング性能や乗り心地も良いです。

安全面ではミリ波レーダーの自動ブレーキを標準装備しています。


X5




価格:920万円~1681万円

販売店:BMW


「X5」は豊富なラインナップと高い走行性能が魅力のモデルです。

BMWは、SUVのことを「SAV(スポーツアクティビティビークル)」と呼んでいますが、その元祖となるモデルです。

優れたオンロード性能を発揮するモデルとして高い人気を誇っています。

パワーユニットは「ディーゼルターボ」「ガソリンターボ」の他に「プラグインハイブリッド」も設定されています。


X6




価格:979万円~1708万円

販売店:BMW


「X6」はクーペスタイルでLサイズボディのSUVモデルです。

(クーペとSUVのクロスオーバーモデルで、世界初のSUVクーペとして登場したモデルです)

走行面では、スポーツカー並のコーナーリング性能と高い動力性能を持っています。

パワフルなエンジンですが、街中でも乗りやすいです。

(コックピットはドライバーを中心に設計されていて、アイポイントも高いので視界も良いです)

ボディが大きいので車内が広く居住性が高いです。


スポンサーリンク



アウディ





アウディは、長い歴史を持つ自動車メーカーで、4つの輪がつながったエンブレムは4つの会社によって結成されたことを意味しています。

(1932年に、アウディ、ホルヒ、DKW、ヴァンダラーの4社が集まってアウトニオンという会社が作られています)

そして現在は、フォルクスワーゲングループに属しています。

(プラットフォームをフォルクスワーゲンと共通化している車種も多数あります)

ドイツの高級車メーカーとして、メルセデス・ベンツ、BMWと並んでドイツ車の御三家と呼ばれています。

高い走行性能を持ち、アウディ独自の4WD技術「クワトロ」も大きな特徴となっています。


A1




価格:249万円~443万円

販売店:BMW


「A1」はアウディブランドの中で最もコンパクトなサイズのモデルです。

全長が4m以下の3ドアハッチバックです。

(5ドアのスポーツバックもラインナップされています)

価格も割安で最廉価(最も安い)グレードは、250万円以下となっています。

コンパクトで割安ですが、内装はプレミアムブランドらしく上質なものとなっています。

ただ、設計が新しいものではないので同クラスの他社モデルと比較すると安全性能で少し見劣りしてしまう部分があります。


A3




価格:296万円~630万円

販売店:BMW


「A3」は、比較的コンパクトなサイズのプレミアムモデルです。

全長が約4.4mでCセグメントに相当する大きさの車です。

ボディタイプには「セダン」と「ハッチバック」がラインナップされています。

エンジンは横置きのFFとパワーのある4WD(クワトロ)があります。

あとは、バーチャルコックピットを導入しています。

高級ドイツメーカーのモデルとしては手頃な価格で、乗り心地が良く内装も上質な作りになっています。


A4




価格:447万円~868万円

販売店:BMW


「A4」は、先進の安全装備を搭載したアウディの主力モデルです。

(日本市場のアウディモデルの中で高い人気があります)

ボディタイプは、「4ドアセダン」「ステーションワゴン(アバント)」「SUV風モデル(オールロードクワトロ)」がラインナップされています。

ボディの大きさは全長が約4.7mで、全幅が1.8mのミドルサイズとなっています。

そして、セダンとアバントにはスポーツモデルの「S4」と「RS4」が設定されています。

車内が広いので居住性が高く、運転支援システムや安全装備も充実しています。



Q2




価格:299万円~405万円

販売店:BMW


Q2は、アウディSUVモデルの中で最もコンパクトなサイズのモデルです。

全長は4.2m、全幅が約1.8m、全高は約1.5mという扱いやすいサイズになっています。

ボディは小さいですが、ホイールベースを長めに設定しているので後席が狭くなく、荷室の容量も十分で実用性は高いです。

排気量は少ないですが、上質な走行性能と優れたハンドリング性能を持っています。

それと、ポリゴン(多角形)の新しいデザインを採用しているモデルでもあります。

ただ、SUVですが駆動方式に4WD(クワトロ)の設定はなくFF(前輪駆動)のみとなっています。


Q5




価格:662万円~892万円

販売店:BMW


「Q5」は、高い人気を持つミドルサイズのSUVです。

高い動力性能とハンドリング性能に加えて、静粛性も優れています。

そして、車内が広いので居住性が高く、先進の運転支援システムが搭載されていて安全性も優れています。

上質な内装とクワトロによる優れた走行性能が魅力となっています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このブログについて

Picture globe

当ブログはランキング形式であらゆるジャンルの情報をご紹介させていただくものです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る