イギリス車のメーカーや車種一覧!特徴や性能とは?

この記事は13分で読めます

イギリス車のメーカーや車種一覧!特徴や性能とは?

イギリス車の特徴とは?


イギリス車(メーカー)の特徴は・・・

・優れたパフォーマンス性能を持つ「高性能スポーツカー

・圧倒的な豪華さを持つ「超高級車

・世界最高峰のオフロード性能を持つ「本格クロカンSUV

などです。

多くのモデルが「高級車」で「高いスポーツ性能」を持っています。

特に「高級セダン」は世界中の車と比べても圧倒的に豪華で高価です。

(ロールスロイスは、最廉価(一番安い)グレードでも3000万円以上で、ベントレーも1900万円以上です)

他にも高級スポーツメーカーの「アストンマーチン」や「マクラーレン」があり、世界最高峰の高級SUVメーカー「ランドローバー」もあります。

それと、伝統(歴史)を大切にしていることもイギリス車の特徴となっています。

これからイギリス車のメーカーや車種についてご紹介させていただきますので、あなたのクルマ選びの参考にしてみてください。


目次


ジャガー(Jaguar)

ランドローバー(Land Rover)

ロールスロイス(Rolls Royce)

ベントレー(Bentley)

ロータス(Lotus)

アストンマーチン(Aston Martin)

スポンサーリンク



ジャガー(Jaguar)




「ジャガー」は、2ドアのスポーツカーや4ドアのスポーツセダンなどを作ってきた自動車メーカーです。

高いパフォーマンス性能とラグジュアリーなデザインが魅力となっていて、現在はSUVもラインナップされています。


XE




「販売店」

ジャガー・ランドローバー・ジャパン


「価格」

451万円~839万円


「特徴」

高い走行性能を持つミドルサイズのスポーツセダンです。

パワーユニットは豊富で、「2000ccの直4ターボ」「2000ccの直4ディーゼルターボ」「3000ccのV6スーパーチャージャー」がラインナップされています。

ディーゼルエンジンはパワフルで、ガソリンターボエンジンの動力性能も高いです。

そして、駆動方式は、FR(後輪駆動)で、グレード「ピュア」にのみ4WDが設定されています。



あとは、内装のデザインはスポーティなものになっています。



ミドルサイズのボディですが、全幅は1850mmのワイドボディなので取り回しには注意が必要です。


XF




「販売店」

ジャガー・ランドローバー・ジャパン


「価格」

605万円~1147万円


「特徴」

クーペのようなスタイルのLサイズセダンです。

走行安定性が高く、乗り心地も良いです。

ボディは全長が約5mで、全幅は約1.9mあるのでかなり大柄ボディとなっています。

大柄ボディですが、75%をアルミニウム素材にするモノコックボディを採用することで軽量化を実現しています。

それと、マルチリンク式サスペンションを採用することでハンドリング性能を高めています。

あとは、ホイールベースが長いので車内が広いです。



車内は落ち着いた雰囲気で、質感や静粛性は「XE」より高いです。


XJ




「販売店」

ジャガー・ランドローバー・ジャパン


「価格」

1149万円~2069万円


「特徴」

ジャガーの最上級セダンです。

(イギリスの公用車にも使われている高級サルーンです)

パワーユニットは「3000ccのV6スーパーチャージャー」と「5000ccのV8スーパーチャージャー」となっています。

そして、駆動方式は全車「FR(後輪駆動)」です。

5000ccのV8スーパーチャージャーを搭載しているグレード「XJR575」は、停止時から100m/hに達するまでの時間は、わずか4.4秒という高いパフォーマンス性能を持っています。

3000ccのV6スーパーチャージャーも、4500ccのノーマルエンジン並の動力性能を持っています。

あとは、ホイールが長いので車内がかなり広いです。

車内は豪華で上質なものとなっています。



それと、安全装備では自動ブレーキを搭載しています。

ただ、ボディの全長が5.1m以上で、全幅も1.9mあるので狭い道路での走行や駐車では注意が必要です。


Eペイス




「販売店」

ジャガー・ランドローバー・ジャパン


「価格」

451万円~620万円


「特徴」

全長の短いコンパクトサイズのSUVです。

(全長は約4.4mで短いですが、全幅は1.9mもあります)

全幅は広いですが最小回転半径は、5.6mなので一回り大きいFペイスよりはかなり小回りがきいて運転しやすいです。

ただ、全長が短いので後席や荷室は少し狭く感じます。



パワーユニットは「2000ccの直4ターボ」と「2000ccのディーゼルターボ」で駆動方式は4WDとなっています。

内装はスポーティで上質な作りになっています。



他には、ラップタイムや車両の重力加速度(Gセンサー)を表示してくれる「ナビ」や、ヘッドアップディスプレイなど先進のテクノロジーが搭載されています。


Fペイス




「販売店」

ジャガー・ランドローバー・ジャパン


「価格」

640万円~982万円


「特徴」

ジャガー80年の歴史の中で初となるSUVモデルが「Fペイス」です。

駆動方式は、4WDで前後の駆動力配分は通常時には「10対90」と後輪駆動的で、路面の状況に応じて「50対50」や「90対10」と変化します。

それと、ボディの80%にアルミニウム素材を使用して軽量化しています。

パワーユニットは「2000ccのディーゼルターボ」「2000ccのガソリンターボ」「3000ccのV6スーパーチャージャー」となっています。

SUVですが、スポーツカーブランドらしい力強い走りと優れたハンドリング性能を持っています。

あとは、乗り心地も良いです。

内装は先進的で高級感のあるものとなっています。



後席や荷室に余裕があるので居住性や実用性も高いモデルですが、全幅が約2mもあるので取り回しや駐車には注意が必要です。


Fタイプ




「販売店」

ジャガー・ランドローバー・ジャパン


「価格」

794万円~1952万円


「特徴」

「Fタイプ」は、ジャガーのスポーツカーです。

(圧倒的な加速力と操縦性を持つ本格スポーツモデルです)

ボディタイプは2種類あり、「クーペスタイル」と



「コンバーチブル」となっています。



パワーユニットは「2000ccの直4ターボ」「3000ccのV6スーパーチャージャー」「5000ccのV8スーパーチャージャー」となっています。

2000ccのターボは、4000ccのノーマルエンジン並の動力性能を持っています。

それと、内外装の美しいデザインも大きな魅力となっています。




ランドローバー(Land Rover)




ランドローバーは、優れた悪路走破性を持つ本格的なオフロードモデルを開発しているメーカーです。

高い悪路走破性を持つだけでなく、ラグジュアリーな内装のデザインも大きな魅力となっています。

様々なタイプのモデルがあり、オープンカーでスポーティな走りを楽しむことができるSUVモデルや、スマートフォンでシートを自動移動できる先進的なモデルなどもラインナップされています。


ディスカバリー スポーツ




「販売店」

ジャガー・ランドローバー・ジャパン


「価格」

443万円~763万円


「特徴」

オフロードとオンロードの両方で高いパフォーマンスを発揮してくれるミドルサイズのSUVです。



(ランドローバーの中では比較的コンパクトなサイズとなっています)

基本的には5人乗りですが、オプションで3列シートの7人乗りにすることもできます。



パワーユニットは「2000ccのディーゼルターボ」となっています。

居住性や実用性にも優れていて、自動ブレーキなどの安全装備も充実しています。

それと、ランドローバーの中では価格が割安です。


レンジローバーイヴォーク




「販売店」

ジャガー・ランドローバー・ジャパン


「価格」

502万円~855万円


「特徴」

レンジローバーイヴォークは、コンパクトサイズのSUVです。



(全長は、4.4mと短いですが全幅は約2mもあります)

ボディタイプは「5ドアクーペ」「3ドアクーペ」と電動ソフトトップを備えた「コンバーチブル」となっています。

SUVとしてはスポーティなスタイルですが悪路走破性も高いです。



ただ、全長が短いので後席の足元はあまり広くないです。


レンジローバーヴェラール




「販売店」

ジャガー・ランドローバー・ジャパン


「価格」

699万円~1526万円


「特徴」

レンジローバーヴェラールは「ジャガーFペイス」のプラットフォームから派生したミドルサイズのSUVモデルです。

(ボディの大きさは「イヴォーク」と「レンジローバースポーツ」の中間くらいです)

パワーユニットは「2000ccのディーゼルターボ」です。

全高が1665mmと低く、SUVとしてはスタイリッシュなデザインとなっています。

それと、ボディの80%にアルミ素材を使用して軽量化してあります。

内装は先進的で、タッチパネルスクリーンを採用しています。



あとは、ホイールベースが長いので車内は広いです。

設計が新しく、安全装備が充実しています。


ディスカバリー




「販売店」

ジャガー・ランドローバー・ジャパン


「価格」

819万7000円~941万7000円


「特徴」

ディスカバリーは、ランドローバーの主力モデルで、全長が約5mのLサイズSUVです。

高い悪路走破性を維持しながら、アルミ素材のモノコックボディで軽量化してあるモデルです。



(水深850mmまで入って走行することができます)

パワーユニットは「3000ccV6ディーゼルターボ」と「3000ccV6スーパーチャージャー」です。

車内は3列シートを備えた7人乗りとなっています。

そして、2列目と3列目シートはスマホでリモート(遠隔)操作できる先進の機能「インテリジェントシートフォールドシステム」が搭載されています。

スマホだけでなくタッチスクリーンからもアレンジすることができます。

(わずか14秒でシートのレイアウトを変更することができます)

走行性、居住性や実用性、安全性などあらゆる面で高い性能を持つ万能車でもあります。

ただ、ボディは大柄なので狭い場所での運転には注意が必要です。


レンジローバースポーツ




「販売店」

ジャガー・ランドローバー・ジャパン


「価格」

873万円~1681万円


「特徴」

レンジローバーより、一回りコンパクトなLサイズのSUVです。

車名に「スポーツ」という名前が付いている通り、オフロードだけでなく、舗装されたオンロードでも高い走行性能を発揮してくれます。

パワーユニットは「3000ccのV6スーパーチャージャーとディーゼルターボ」「5000ccのV8スーパーチャージャー」となっています。

外観はレンジローバーに似ていますが、フロントグリルを小さくして、サイドの空気の吹き出し口のデザインも変えてあります。

(レンジローバーよりも、スポーティなスタイルになっています)

オプションですが、3列目シートも設定されています。

そして、内装は豪華で上質なものとなっています。




レンジローバー




「販売店」

ジャガー・ランドローバー・ジャパン


「価格」

1409万円~2866万円


「特徴」

レンジローバーは「砂漠のロールスロイス」と呼ばれる、SUV最高峰の悪路走破性と上質なデザインを兼ね備えているモデルです。

(ランドローバーの最上級モデルでオフロードを走れる高級車です)





オフロードだけでなく、オンロードでの乗り心地やハンドリング性能にも優れています。

(舗装されたオンロードでもスポーツカー並の高いパフォーマンスを発揮します)

現行型は4代目で、ボディはすべてアルミ素材となっています。

そして、パワーユニットは「3000ccのV6スーパーチャージャーとディーゼルターボ」「5000ccのV8スーパーチャージャー」となっています。

イギリス王室を初めとして、世界中からVIPカーとして高い人気を集めているモデルです。

スポンサーリンク



ロールスロイス(Rolls Royce)




圧倒的な豪華さを持つ世界最高峰の高級車メーカーです。

現在はドイツの自動車メーカーBMWが生産を行っています。

他の高級車メーカーがダウンサイジングや価格を抑えた戦略を取る中、ロールスロイスは以前にも増して、より高級路線を強めています。


ゴースト




「販売店」

コーンズ・アンド・カンパニー・リミテッド、ニコル・モーターカーズ


「価格」

3410万円~4030万円


「特徴」

「ゴースト」は、ロールスロイスの主力車種で、ラグジュアリーな4ドアセダンです。

上級モデルの「ファントム」よりも、一回り小さいことから「ベビーロールスロイス」とも呼ばれていますが、実際には全長が「5400~5570mm」もあるので、大柄ボディのSUVよりも全長が長いです。

(圧倒的な迫力と貫禄があります)

パワーユニットは「6600ccのV12ターボ」です。

(エンジンは1基づつ手作りで作られています)

大柄ボディですが、停止状態から100km/hに達するまで、わずか4.9秒というスポーツカー並の加速力を持っています。

それと、インテリアのトリム(内装の内張)に、ステルス機(航空機)に使われるアルミ製糸織り込みの「CFRP(炭素繊維強化プラスチック)」を使用しています。



同じ4ドアセダンの「ファントム」と比べると、価格は割安ですが、車両価格が3千万円を超えるVIPカーです。


レイス




「販売店」

コーンズ・アンド・カンパニー・リミテッド、ニコル・モーターカーズ


「価格」

3640万円


「特徴」

「レイス」は、美しいデザインが魅力の2ドアのクーペです。

ベースは「ゴースト」で、2ドアですがシートは4つあります。

パワーユニットは、「6600ccV12ターボ」で、632馬力というパワフルなモデルです。

そして、内装がとても豪華で快適性も非常に優れています。



オプションですが、天井に星空を表現できる「スターライト・ヘッドライナー」が設定されています。

それと、ドアの開く位置が普通の車の反対(後ろヒンジ)で、ファストバックスタイル(傾斜が急なルーフスタイル)となっています。



ちなみに「レイス」という名称は、1940年~50年にあったロールスロイス「シルバー・レイス」がルーツとなっています。


ドーン




「販売店」

コーンズ・アンド・カンパニー・リミテッド、ニコル・モーターカーズ


「価格」

3890万円


「特徴」

「ドーン」は、電動ソフトトップを備えた2ドアのコンバーチブルモデルです。

ドーンという名称は、1950年代に28台だけ生産された「シルバー・ドーン」がルーツとなっています。

(ドーンは「夜明け」という意味です)

ルーフはファブリックで、閉じているとクーペスタイルになります。

(電動ソフトトップの開閉は走行中でも時速50km/h以下なら約20秒で開閉できます)

そして、内装はロールスロイスらしく、とても豪華なものとなっています。





あとは、「GPS」や「熱源感知システム」などを利用した先進の運転支援システムが搭載されています。

走行面では最高出力は少し劣りますが、それでもパワーユニットは「6600ccV12ターボ」の570馬力となっています。


ファントム




「販売店」

コーンズ・アンド・カンパニー・リミテッド、ニコル・モーターカーズ


「価格」

5460万円~6540万円


「特徴」

「ファントム」は、ロールスロイスの最上級モデルです。

価格も豪華さも世界最高峰となる高級セダンです。

(限定モデル以外の輸入車では、トップクラスの価格となっています)

全長が約5.8mで、ホイールベースが約3.5mとかなり長い大型サルーンで車内はとても快適です。



室内は、圧倒的な豪華さになっています。





それと、メーター類などのダッシュボードは強化ガラスで覆われています。



かなり大型ですが、ボディはすべてアルミ素材となっていて軽量化を実現しています。

パワーユニットは「6700ccのV12ターボ」で「FR(後輪駆動)」です。

走行性能も高く、停止状態から100km/hまでの到達時間は、5.9秒となっています。


ベントレー(Bentley)




ベントレーは、1919年に創設された自動車メーカーです。

スポーツカーメーカーとして活躍した後に、ロールスロイス社の傘下に入り高い走行性能を持つ高級車ブランドとなります。

現在は、ロールスロイスではなくドイツ自動車メーカーの「フォルクスワーゲン」の傘下となっています。

(ロールスロイスは同じくドイツ自動車メーカー「BMW」の傘下となっています)

ベントレーのモデルは、圧倒的な高級感とスポーツ性能を兼ね備えています。


フライングスパー




「販売店」

ベントレー・モーターズ・ジャパン


「価格」

1945万円~2665万円


「特徴」

「フライングスパー」は、ベントレーのスポーツセダンです。

世界的に大ヒットしたモデルで、ベントレーの主力モデルでもあります。

高級感とスポーティさを融合させたモデルで、最高速度は驚異の「322km/h」となっています。



スポーツ性能の高いモデルですが、静粛性が高く、どのような路面状況でも快適に乗車することができます。



価格はベントレーの中で最も割安なモデルです。


コンチネンタルGT




「販売店」

ベントレー・モーターズ・ジャパン


「価格」

2568万円


「特徴」

コンチネンタルGTは、2ドアのクーペスタイルモデルです。

ボディは2タイプあり、「ファストバックスタイル」と「コンバーチブル(オープンカー)」が設定されています。

(コンバーチブルは電動ソフトトップなので自動で開閉してくれます)

高いスポーツ性能とラグジュアリーな内装が大きな魅力となっています。



パワーユニットは「6000ccのV12ターボ」で駆動方式は4WDです。


ベンディガ




「販売店」

ベントレー・モーターズ・ジャパン


「価格」

2739万円


「特徴」

ベンディガは、100年の歴史を持つベントレー初となるSUVモデルです。

(今までは高級セダンとスポーツカーを生産してきています)

全長が約5.1m、全幅が約2mの大柄ボディで、内装は豪華で上質なデザインとなっています。



エンジンは、「6000ccのV12ターボ」で、最高速度は301km/hという優れた加速性能を持っています。



スポーツカー並の走行性能と、4ドアサルーン並の快適性を兼ね備えた高級SUVです。


ミュルザンヌ




「販売店」

ベントレー・モーターズ・ジャパン


「価格」

3470万円~3800万円


「特徴」

「ミュルザンヌ」は、ベントレーの最上級モデルです。

4ドアセダンで、高いスポーツ性能と上質で豪華な内装を持っています。





そして、パワーユニットは「6750ccのV8ターボ」で、最高速は305km/hです。

全長は約5.5mで、全幅は約1.9m、ホイールベースは約3.2mという大柄ボディとなっています。

世界トップクラスの豪華さとスポーツ性能を兼ね備えた高級サルーンです。


ロータス(Lotus)





「ロータス」は、1952年創業のスポーツカーメーカーです。

コンパクトサイズのスポーツカーをラインナップしています。

サイズはコンパクトですが、本格的なスポーツカーモデルを展開しています。


エリーゼ




「販売店」

エルシーアイ


「価格」

496万8000円~745万2000円


「特徴」

全長が約3.8mと短いコンパクトサイズのスポーツカーです。



(国産車のコンパクトカーと同じくらいの長さです)

最初に発売されたのが、1996年なので約20年以上販売されているロングセラーモデルです。

軽量高剛性のアルミシャーシやカーボンパーツを使用していて、車両重量は最軽量モデルで「830kg」という軽自動車並の軽さとなっています。

パワーユニットは「1600cc直4」と「1800cc直4スーパーチャージャー」です。

低重心でエンジンを中央に配置したミッドシップなのでカーブでよく曲がるのと、優れた加速力を持っているのでスポーティな走りを楽しむことができます。


エキシージ




「販売店」

エルシーアイ


「価格」

880万円~1366万2000円


「特徴」

軽量ボディに高性能エンジンを搭載したスポーツカーです。

全長が約4mのコンパクトサイズで、ボディの重さは「1125kg」となっています。



その軽量ボディに、「3500ccのV6スーパーチャージャー」を搭載することで驚異的なスピードを実現しています。

公道だけでなく、サーキットでも高いパフォーマンスを発揮してくれる本格的なスポーツモデルです。

動力性能は「エリーゼ」と比べて格段に高いですが、価格もかなり高価になっています。


エヴォーラ




「販売店」

エルシーアイ


「価格」

1258万2000円~1944万円


「特徴」

ロータスのフラッグシップモデルで、2+2シーターのスポーツカーです。

2+2シーターですが、大人4名が乗車できるほど広くはないので実質2人乗りです。

(身長が140cmくらいの子供くらいじゃないと座れないスペースで、エンジンから熱も来るので荷物置き程度にしか使えないです)

内装はスポーティで上質なものになっています。



パワーユニットは「3500ccのV6スーパーチャージャー」です。

エンジンを車体の中心に置く「ミッドシップ」レイアウトを採用していて、最上級モデルは停止時から100km/hに達するまで、わずか3.8秒という加速力を持っています。



エヴォーラの車体はコンパクトですが、高性能な本格スポーツカーです。

スポンサーリンク



アストンマーチン(Aston Martin)




「アストンマーチン」は、高級スポーツカーブランドです。

1913年の創業で、100年以上もの間、高性能エンジンを搭載したスポーツカーを作り続けています。

(世界で最も美しいスポーツカーを作り出すブランドと言われています)

一時、フォードの傘下に入ったこともありましたが、現在はダイムラーの参加となっています。


DB11




「販売店」

アストンマーチン・ジャパン・リミテッド


「価格」

2193万円~2380万円


「特徴」

美しいデザインと優れた走行性能を持つ2+2シートのスポーツクーペです。

パワーユニットは、「4000ccのV8ターボ」と「5200ccのV12ターボ」で駆動方式は「FR(後輪駆動)」です。

優れた走行性能を持ち、最高速度は「322km/h」で、停止時から100km/hに到達するまでの時間は「3.9秒」となっています。

あとは、トルクベクタリングシステムも搭載されていて、コーナリング性能も高いです。

そして、デザイン性にも優れていて内外装ともに上質でとても美しいものとなっています。



(独特で、とてもオシャレな美しいデザインです)


ヴァンテージ




「販売店」

アストンマーチン・ジャパン・リミテッド


「価格」

1980万円


「特徴」

ヴァンテージは、2シーターの高級スポーツクーペです。

ボディサイズは、全長が約4.3mとコンパクトサイズなので「ベイビーアストン」とも呼ばれています。

(ボディの種類はクーペ以外にロードスターもラインナップされています)

パワーユニットは、「4000ccのV8ターボ」で、駆動方式は「FF(後輪駆動)」です。

ボディはコンパクトですがエンジンは高性能で、最高速度は「323km/h」で、停止時から100km/hに達するまでの時間は4秒台と本格的なレーシングモデルとなっています。



(ル・マン24時間耐久レースでも優勝しています)


ラピードS




「販売店」

アストンマーチン・ジャパン・リミテッド


「価格」

2445万円


「特徴」

アストンマーチンの中で唯一の4ドア4シートセダンです。

ボディは天井が低い美しいデザインのクーペスタイルになっています。

(全長は5m以上の大柄ボディです)

初代モデルは「世界で最も美しい4ドア・4シーター・スポーツカー」と言われたモデルで、現行型は2代目となります。

外観だけでなく、内装も美しいデザインになっています。



そして、荷室を備えてあるのでアストンマーチンの中では最も実用性が高いモデルでもあります。

パワーユニットは「5900ccのV12エンジン」で、駆動方式は「FR(後輪駆動)」です。

アストンマーチンらしい優れた走行性能と美しいデザインと、高い実用性が魅力の4ドアスポーツカーです。


ヴァンキッシュS




「販売店」

アストンマーチン・ジャパン・リミテッド


「価格」

3285万円~3518万2800円


「特徴」

「ヴァンキッシュS」は、アストンマーチンの最上級モデルです。

優れた走行性能と豪華で上質なデザインが魅力のクーペです。

パワーユニットは「5900ccのV12」で、最高速度が「323km/h」で、停止時から100km/hまでの到達時間は「3.5秒」となっています。

室内は最新のインフォテイメントシステムが備わっていて、圧倒的な高級化が感じられる作りになっています。



優れた走行性能と、とても上質な内装となっていますが、アストンマーチンの中では価格がかなり高いモデルでもあります。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このブログについて

Picture globe

当ブログはランキング形式であらゆるジャンルの情報をご紹介させていただくものです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る