ミニバン比較ランキング!ボディが大きい国産ミニバン9選とは?

この記事は4分で読めます

ミニバン比較ランキング!ボディが大きい国産ミニバン9選とは?

ボディが大きい国産ミニバンについて


ミニバンの一番の魅力は車内が広いことです。

SUVやハッチバックなど様々な車種がありますが、ミニバンほど車内が広い車は無いです。

ただ、車内が広い車はボディも大きくなります。

車内が広いのは良いことなのですが、ボディが大きいと取り回し性が悪くなり、狭い道路での運転や駐車をする時に大変だったりします。

これから国産ミニバンでボディが大きいモデルをランキング形式でご紹介させていただきますので、あなたのクルマ選びの参考にしてみてください。

※ボディの大きさは、全長×全幅×全高の合計値で順位付けさせていただいています。


第9位「トヨタ ヴォクシー(ノア、エスクァイア)」


※ヴォクシーとノアとエスクァイアは基本的な性能が同じ兄弟車で、ボディの大きさも同じです。



5ナンバーで運転しやすいミドルサイズのミニバンです。

低床設計なのでボディサイズの割に車内が広く、乗降性にも優れています。

パワートレーンは「2000ccのガソリン車」と「1800ccのハイブリッド車」となっています。


ボディの大きさ「全長×全幅×全高」


4695×1695×1825mm


室内の広さ「室内長×室内幅×室内高」


2930×1540×1400mm


ホイールベース(前輪と後輪の間の距離)


2850mm


最小回転半径(小回りの目安)


5.5m

スポンサーリンク



第8位「ホンダ ステップワゴン」




5ナンバーのミドルサイズミニバンで、実用性の高さが人気のモデルです。

国産車で唯一、縦にも横にも開く荷室のドア「わくわくゲート」を採用しています。

(広い場所や大きい荷物を積む場合は縦に開いて、狭い場所では横に開けるので便利です)


ボディの大きさ「全長×全幅×全高」


4690×1695×1840mm


室内の広さ「室内長×室内幅×室内高」


3220×1500×1425mm


ホイールベース(前輪と後輪の間の距離)


2890mm


最小回転半径(小回りの目安)


5.4m


第7位「日産 セレナ」




5ナンバーのミドルサイズミニバンで先進の安全技術と運転支援システムが魅力のモデルです。

高速道路での自動運転システム「プロパイロット」を搭載しています。

(プロパイロットはアクセル、ブレーキだけでなくハンドル操作まで自動で行ってくれます)


ボディの大きさ「全長×全幅×全高」


4690×1695×1865mm


室内の広さ「室内長×室内幅×室内高」


3240×1545×1400mm


ホイールベース(前輪と後輪の間の距離)


2860mm


最小回転半径(小回りの目安)


5.5m


第6位「ホンダ オデッセイ」




全高が低いLサイズのミニバンで高い走行性能が魅力のモデルです。

(ミニバンの中では走行安定性に優れています)

それと大柄のLサイズミニバンの中では圧倒的に優れた燃費性能となっています。

(ハイブリッド車の燃費は26.0km/ℓでミドルサイズミニバンよりも低燃費です)


ボディの大きさ「全長×全幅×全高」


4840×1820×1695mm


室内の広さ「室内長×室内幅×室内高」


2935×1560×1325mm


ホイールベース(前輪と後輪の間の距離)


2900mm


最小回転半径(小回りの目安)


5.4m

スポンサーリンク



第5位「トヨタ エスティマ」




丸みを帯びた個性的なデザインのLサイズミニバンです。

2列目シートに「800mmのロングスライド機能」が付いていて、3列目シートを床下に収納すると、3列目シートがあった辺りまで2列目シートを下げることができます。

しかも、2列目シートには足を置けるオットマンまで付いているので、豪華で開放的な気持ちになれます。


ボディの大きさ「全長×全幅×全高」


4820×1810×1745mm


室内の広さ「室内長×室内幅×室内高」


3010×1580×1255mm


ホイールベース(前輪と後輪の間の距離)


2950mm


最小回転半径(小回りの目安)


5.9m


第4位「三菱 デリカD:5」




ミニバンの中で唯一本格的なオフロード走行ができるモデルです。

最低地上高が210mmもあり、SUV並の高い走破性を持っています。

ただ、悪路走破性を高めてある分、床の位置が高いので他のミニバンと比べて乗り降りしづらいです。

あとは、自動ブレーキも付いていないのでファミリー向けというよりは趣味性の強いモデルとなっています。


ボディの大きさ「全長×全幅×全高」


4730×1795×1870mm


室内の広さ「室内長×室内幅×室内高」


2915×1505×1310mm


ホイールベース(前輪と後輪の間の距離)


2850mm


最小回転半径(小回りの目安)


5.6m


第3位「日産 エルグランド」




豪華で質感の高い内装と乗り心地が快適な高級ミニバンです。

Lサイズのミニバンで助手席や2列目シートの両側にオットマンを設置したり、2列目シートに中折れ機能を搭載して疲れにくく快適な乗り心地になっています。

ただ、大柄ボディの割には3列目が少し狭いのと、自動ブレーキを標準装備していないです。

あとは、視界があまり良くないです。


ボディの大きさ「全長×全幅×全高」


4945×1850×1815mm


室内の広さ「室内長×室内幅×室内高」


3025×1580×1300mm


ホイールベース(前輪と後輪の間の距離)


3000mm


最小回転半径(小回りの目安)


5.7m

スポンサーリンク



第2位「トヨタ ヴェルファイア」




ミニバンの中で最も高級感を感じることができるLサイズミニバンです。

内装が上質で車内が広く、乗り心地も快適です。

そして、安全装備の性能も高いです。


ボディの大きさ「全長×全幅×全高」


4935×1850×1935mm


室内の広さ「室内長×室内幅×室内高」


3210×1590×1400mm


ホイールベース(前輪と後輪の間の距離)


3000mm


最小回転半径(小回りの目安)


5.8m


第1位「トヨタ アルファード」




ミニバンの中で最もボディが大きく圧倒的な高級感を感じることができるモデルです。

ヴェルファイアとは性能や価格が同じ兄弟車です。

(デザインが違うだけで、ほとんど同じ車です)

価格が高く、燃費も良くないですが豪華さや快適さなどはミニバン最高峰となっています。

それと、安全性が高く自動ブレーキは歩行者や自転車も検知してくれます。


ボディの大きさ「全長×全幅×全高」


4945×1850×1935mm


室内の広さ「室内長×室内幅×室内高」


3210×1590×1400mm


ホイールベース(前輪と後輪の間の距離)


3000mm


最小回転半径(小回りの目安)


5.8m


さいごに


国内では様々なジャンルのモデルが販売されていますが、ミニバンは他のジャンルと比べて比較的ボディが大きいです。

その分、車内は広く多人数が乗車できて、大きな荷物も積みやすいです。

ただ、ボディが大きい分、取り回し性が悪くなりやすい(小回りがききにくい)です。

それと、全長はそれほど長くなくてもホイールベースを長めに設定してあるモデルもあります。

最小回転半径は小回りの目安になって、ホイールベースは車内の足元の広さの目安になります。

あとは、低床設計だと子供や年配者が乗り降りしやすいです。

ボディの大きなミニバンには様々なタイプのモデルがあるので、ご自身のライフスタイルにあった車種を探してみてください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このブログについて

Picture globe

当ブログはランキング形式であらゆるジャンルの情報をご紹介させていただくものです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る