日産セレナe-POWER!価格や燃費、内装などガソリン車との違いとは?

この記事は3分で読めます

日産セレナe-POWER!価格や燃費、内装などガソリン車との違いとは?

セレナe-POWERについて


セレナは先進の運転支援システムや快適装備を搭載していて、車内がミドルサイズの中でトップクラスに広い人気車種です。

そのセレナに新しく「e-POWER」が登場しました。

コンパクトカーの「ノート」に搭載されていたシステムと同じで、燃費性能の向上と共に、アクセルだけで加減速ができる「ワンペダルドライブ」の機能も付いています。

(ブレーキ操作が多くなる信号が多い市街地や渋滞、カーブの多い場所などでワンペダルドライブはドライバーの負担を減らしてくれます)

セレナは、e-POWERになって、燃費が向上しただけでなく様々な部分が変わっています。

これから詳しくご説明させていただきますので、あなたのお車選びの参考にしてみてください。


e-POWERとは?


「e-POWER」は日産独自のハイブリッドシステムで・・・

エンジンで発電してモーターだけで走ることができるシステムです。

従来のエンジンとモーターの両方を使って走る「パラレル式ハイブリッド」と違い、エンジンが発電機の役割をして、貯まった電力を使用してモーター駆動のみで走行することができます。


セレナe-POWERの価格


価格帯:296万8920円~340万4160円

発売日:2018年3月1日

取扱店:日産全店


グレードと価格


e-POWER X:296万8920円

e-POWER XV:312万8760円

e-POWER ハイウェイスター:317万8440円

e-POWER ハイウェイスターV:340万4160円


セレナe-POWERの燃費


26.2km/ℓ(JC08モード)

ミドルサイズ以上のミニバンの中ではトップクラスの低燃費となっています。

ガソリン車の燃費:15.0~17.2km/ℓ

スポンサーリンク



セレナe-POWERの外観


セレナe-POWERのフロントグリルには青のアクセントカラーが使用されています。


(e-POWER)


(従来モデルのガソリン車)

それと、ボディカラーにはe-POWER専用色「ミントホワイトパール」を設定しています。


(ミントホワイトパール)

他にも、e-POWER専用のアルミホイールを装着していたり、e-POWERのエンブレムが付いていて外観からもすぐにe-POWERだと分かるようになっています。


セレナe-POWERの内装




セレナe-POWERの内装は、ガソリン車と比べてスタータースイッチが青色になっていたり、シフトノブの形状も違っています。

(基本的には同じ作りですが、メーターなども含めてe-POWER用に様々な部分が変更されています)



座席は7人乗り仕様となっています。

2列目シートは、アームレストが付いたキャプテンシートとなっています。

(キャプテンシートはe-POWERのみです)

※キャプテンシートというのはアームレスト(肘掛け)が付いていて、左右独立型のシートのことです。

ベンチタイプのシートと違って乗車人数は減ってしまいますが、その分ゆったりと座ることができます。

セレナe-POWERのキャプテンシートは、左右の席を寄せることでベンチシートのような使い方もできます。

(縦だけじゃなく横にスライドする機能も搭載しています)

他には、2列目シートの天井部分に後席用の空調スイッチを設置しています。

後席だけの空調の設定を変更することができるのです。

(後席は送風されにくかったり、温度が前席ほど変化しづらかったりしますので後席用に設定できるのは便利です)

セレナ自体が、様々な快適装備を搭載していますが、e-POWERはさらに快適装備が充実しています。


セレナの主な快適装備一覧


「ハンズフリーオートスライドドア」



スライドドアに足先を入れて引くだけでドアの開閉ができます。

子供や荷物を抱えて両手がふさがっている場合には便利な機能です。


「USB電源ソケット」

スマートフォンを充電できるソケットを前席に標準装備しています。

グレードによっては、2列目と3列目のシートにも2個づつソケットを設置しています。


「キャップレス給油口」



給油の際に、キャップを開けなくてもノズルを差し込むだけで給油することができます。

給油口のフタを開けるだけなので、手を汚す心配がないです。


「スーパーUVカットグリーンガラス」

フロントガラスとフロントのドアガラスが紫外線を99%カットしてくれます。

2列目には日差しをシャットダウンしてくれる「ロールサンシェード」を設置しています。



スポンサーリンク



セレナe-POWERの荷室




3列目シートを跳ね上げることで大容量の荷室になります。

そして、セレナの大きな特徴としてガラスの部分だけを開閉することができます。

少ない荷物を取り出す時や、狭い場所での開閉に便利です。





あとは、荷室の下の部分にも積載スペースがあります。


セレナe-POWERの主要諸元


グレード:ハイウェイスターV

「全長×全幅×全高」

4770×1740×1865mm


「室内長×室内幅×室内高」

3240×1545×1400mm


「ホイールベース」

2860mm


「総排気量」

1198cc


「車両重量」

1760kg


「駆動方式」

FF(前輪駆動)


「最低地上高」

140mm


「最小回転半径」

5.5m


「タイヤサイズ」

195/65R15


さいごに


セレナe-POWERは、先進の運転支援システム「プロパイロット」と「e-POWER」の両方が搭載された初めてのモデルです。

(ノートe-POWERにはプロパイロットが搭載されていないです)

そしてセレナは、ドライバーと大人数で乗った場合の「快適さ」を追求しているモデルです。

乗り心地や運転のしやすさ、安全性、居住性、実用性などが高い水準にあり、その他に「こんな機能があったら便利だな」と思えるシステムを豊富に搭載しています。

今後も日産らしいテクノロジーと、ユーザーの使い勝手にこだわった進化に期待したいです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このブログについて

Picture globe

当ブログはランキング形式であらゆるジャンルの情報をご紹介させていただくものです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る