新車情報2017!最新の車情報をご紹介!

この記事は5分で読めます

新車情報2017!最新の車情報をご紹介!

新車情報について


新しく販売されたモデルやフルモデルチェンジ、マイナーチェンジのモデル、発売予定のモデルをご紹介させていただきます。

新型車の価格とプロフィールをご紹介させていただきますので、あなたのお車選びの参考にしてみてください。


2017年8月発売モデル


新型 ホンダ Nボックス(Nボックス カスタム)

フルモデルチェンジ

8月31日発売




「プロフィール」

軽自動車で人気ナンバーワンモデルのNボックスが約9割の部品を見直すというフルモデルチェンジをいたします。



(Nボックス)


外観や内装も変更されていますが、フルモデルチェンジでの一番大きな魅力は・・・

先進の安全装備「ホンダセンシング」を全車に標準装備することではないでしょうか。

ホンダセンシングは、ミリ波レーダーと単眼カメラを使って、様々な安全に関するサポートをしてくれる機能です。

どういったものがあるのかと言いますと・・・


・ぶつからないための「衝突軽減ブレーキ」


・間違って飛び出さない為の「誤発進抑制機能」

(前方だけでなく、後方に対しても作動します)


・車線をはみ出さない為の「路外逸脱抑制機能」と「LKAS(車線維持支援システム)」


あとは、歩行者や道路標識も識別したり、前方の車に自動でついていく「ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)」も付いています。

他にも対向車を検知して、ライトのハイとローを自動で変えてくれたり、前の車が発信したことを知らせてくれる機能も付いています。

軽自動車の中で最も優れている安全装備がオプションではなく、標準装備で付いているのはすごいことです。

安全装備以外の大きな魅力としては、助手席に採用されている「スーパースライドシート」です。

57cmというロングスライドによって、子供をシートに乗せた後に後席からそのまま運転席に行けるようになっています。




助手席をスライドすることで、他にも様々な使い方ができて便利です。


新型 ホンダ シビック

フルモデルチェンジ


(TYP R)


「プロフィール」

40年以上の歴史を持つホンダの名車「シビック」が7年ぶりに、「10代目シビック」として復活します。

日本では、ハッチバックやセダンの需要が減ったことにより、8代目シビックではハッチバックをラインナップから外して、9代目は日本市場から撤退をしていました。

シビックは、国内市場を狙ったものではなく、ハッチバックは欧州の市場、セダンは北米の市場をそれぞれ重視して作られています。

なので、これまで国内で販売されてきたシビックからすると「大きい」と感じる造りになっています。


(セダン)



(ハッチバック)


セダンとハッチバックは、デザインがほとんど同じように見えますが、「リヤ(後ろの)バンパー」や「マフラーの付いている位置」「Cピラー(後部座席ドアの閉まる方の柱)」に違いがあります。

そして、セダンよりもハッチバックの方がスポーツ性が高いです。

さらにスポーティな走りを可能にしたモデルが「TYP R」です。

シビックは、「走る楽しさ」を求める人の為のモデルです。

国内市場の求めているニーズとは違うのかもしれませんが、ホンダのシビックファンにとっては嬉しい復活となりそうです。


SPONSORED LINK



2017年7月発売モデル



新型 トヨタ カムリ

フルモデルチェンジ




「価格」

329万4000円~419万5800円


「プロフィール」

アメリカで高い評価を受けているカムリがフルモデルチェンジをして新しく生まれ変わります。

新型カムリは10代目で、エンジンやサスペンション、変速機などあらゆる面で「TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)」を採用しているモデルとなります。

「カムリ」という名称以外は、ほぼすべてが従来型と比べると新しくなっています。

パワーユニットは、「2.5ℓ直4ハイブリッド」で、バッテリーは後輪の前の床下に配置しています。

安全面では「単眼カメラ」と「ミリ波レーダー」を使用して、車、白線、歩行者などを検知してくれる先進の安全装備が搭載されています。



新型 スズキ SX4 S-クロス

マイナーチェンジ




「価格」

206万2800円~227万8800円


「プロフィール」


マイナーチェンジによって、フロントバンパーやフロントグリルが変わって、以前とは全然違うモデルのような印象を受けます。

他にはトランスミッションが「CVT」から「6AT」に変更されています。

タイヤも17インチで最低地上高が以前の「165mm」と比べると 20mm 高くなって「185mm」になっています。

インテリアの質感も向上しています。

ただ、緊急自動ブレーキを付けて欲しいです。



新型 トヨタ アクア

マイナーチェンジ

(クロスオーバーは7月販売で他は6月販売)



(画像:クロスオーバー)


「価格」

178万5240円~208万9800円


「プロフィール」

アクアがマイナーチェンジをしました。

燃費性能が向上して、従来の「37.0km/ℓ」から「38.0km/ℓ」になっています。

燃費が1.0km/ℓ向上したことにより、コンパクトカーの中で一番の低燃費になりました。

他のグレードでも「33.8km/ℓ」から「34.4km/ℓ」まで上がっています。

あとは、外観や内装の他にボディの剛性なども改良されています。

そして、以前あったグレード「X-アーバン」は「クロスオーバー」と名称を変えて他のグレードとの差別化を図っています。

クロスオーバーは他のグレードと外観のデザインが違い、タイヤが「16インチ」で、足回りも変えてあります。


2017年6月発売モデル

マイナーチェンジ

新型 ホンダ フィット





「価格」

142万884円~236万736円


「プロフィール」

人気モデルのフィットがマイナーチェンジで新しく変わりました。

(フィットは毎年のようにマイナーチェンジをして常に進化させているモデルです)

パワーユニットは、以前と同じ、「1300ccと1500ccのガソリンエンジン」と「1500ccとモーターのハイブリッド」です。

今回のマイナーチェンジで大きく変わった所は、先進の安全装備「ホンダセンシング」を標準装備したことです。

対向車や歩行者を検知して、自動でブレーキ操作をしてくれる「衝突軽減ブレーキ」や「誤発進抑制機能」

車線をはみ出した時に自動でステアリング操作をサポートしてくれたり、警報で教えてくれる「路外逸脱抑制機能」など全部や8つの安全装備が付いています。

あとは、フロントバンパーが変更されてスポーティなデザインになったり、内装の質感も向上しています。


新型 日産 エクストレイル

マイナーチェンジ




「価格」

219万7800円~309万8520円


「プロフィール」


2013年のフルモデルチェンジから、様々な進化を遂げてきたエクストレイルがマイナーチェンジされました。

主な特徴としては、高速道路での自動運転技術「プロパイロット」を導入したことです。

上級グレードに14万円のオプションとして設定されています。

基本的なシステムは、ミニバンの「セレナ」とほとんど同じです。

時速30キロ~100キロで設定できて、60キロ以下なら自動運転もしてくれます。

(あくまでも高速道路でのことです)

道路が渋滞した時や長時間の移動の時には、ドライバーの負担を軽くしてくれます。

ただ、状況次第では車線維持機能がオフになるので、確認は常に行う必要があります。

プロパイロット以外にも安全装備がさらに充実しています。

あとは、「インテリジェンスパーキングアシスト」は、駐車する位置を自動で設定してくれる機能も付いています。

それと、車の後ろ(リヤバンパーの下)に足を入れるだけで、荷室のドアの開閉を自動で行ってくれる「リモコンオートバックドア」が採用されています。

荷物を両手に抱えている場合には、とても便利な機能です。


新型 トヨタ ハリアー

マイナーチェンジ




「価格」

294万9480円~495万3960円


「プロフィール」

ハリアーはマイナーチェンジによって、外観が大きく変わって、上級モデルが新しく設定されるなどグレード体型も変更されています。

そして大きく変わったのは「2000ccのターボ」が新しく追加されたことです。

追加されたターボは、「レクサスNX200t」から移植されたものでスポーティな走行が魅力となっています。

エンジンのスペックは・・・

最高出力:231PS/5200~5600rpm

最大トルク:35.7kg・m/1650~4000rpm


燃費性能は・・・

FF:13km/ℓ

4WD:12.8km/ℓ

となっています。

ターボ車の外観には、専用のフロントグリルを採用しています。

安全面では、単眼カメラとミリ波レーダーによる「Toyota Safety Sense P 」を標準装備してあり、歩行者も検知できるようになっています。

そして、全グレードに、ホールドモードの付いた「電動パーキングブレーキ」を採用しています。

あとは、新しく追加された最上級グレードの「プログレス」のナビは画面が9.2インチの「Tコネクトナビ」が標準装備されています。

それと、外観の質感が向上して、より高級感を感じることのできるモデルとなっています。




新型ハリアーは、ノーマルエンジン、ハイブリッドの他にターボが追加されて選べる幅が広がったのと、細かい部分でさらに進化しています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このブログについて

Picture globe

当ブログはランキング形式であらゆるジャンルの情報をご紹介させていただくものです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る