新車販売台数ランキング2017!人気車の燃費や値引き額とは?

この記事は6分で読めます

新車販売台数ランキング2017!人気車の燃費や値引き額とは?

新車販売台数について


新車販売台数ランキングは、軽自動車やコンパクトカー、ハイブリッドカー、SUVなど国産車の月平均の新車販売台数をランキング形式でご紹介させていただくものです。

おすすめのグレードや値引き額の目安もご紹介させていただきますので、あなたのクルマ選びの参考にしてみてください。


第1位「ホンダ N-BOX」





車内の広さが魅力のN-BOX(軽自動車)

月平均販売台数:25,173


前後席共に室内空間が広くミニバン感覚で使うことができるモデルです。

他にもシートアレンジが多彩なのでアレンジの仕方によって荷室をかなり広く使うことができます。

スライドドアの開口幅がワイドなので乗り降りがしやすいです。


「価格」

1,385,640~2,080,080円


「燃費」

20.8~27.0km/ℓ


「値引き額」

1~3万円


「購入例」

グレード:G・Lホンダセンシング

車両本体価格:1,388,000円

車両本体消費税:111,040円

自動車取得税:24,900円

自動車税(年額):10,800円

自動車重量税:7,500円

自賠責保険料:35,610円

諸費用他:30,000円

リサイクル料金:8,400円

合計:1,616,250


第2位「日産 ノート」





先進のパワートレーンe-POWERを搭載したノート(コンパクトカー)

月平均販売台数:15,467


e-POWERはハイブリッドですが、エンジンは発電のみに使われて駆動はモーターで行います。

アクセルだけで加速と減速ができるワンペダルドライブができるのも大きな魅力となっています。

(ワンペダルドライブは渋滞やカーブの多い場所での運転が楽になります)

廉価グレードの「eパワーS」は37.2km/ℓと燃費性能に優れていますが、軽量化の為にエアコンが付いていないので注意してください。


「価格」

1,399,680~2,734,560円


「燃費」

23.4~37.2km/ℓ


「値引き額」

8~17万円


「購入例」

グレード:e-POWER X

車両本体価格:1,820,000円

車両本体消費税:145,600円

自動車取得税:49,500円

自動車税(年額):34,500円

自動車重量税:22,500円

自賠責保険料:36,780円

諸費用他:50,000円

リサイクル料金:8,480円

合計:2,166,960


第3位「トヨタ アクア」





ハイブリッド専用車のアクア(コンパクトカー)

月平均販売台数:12,896


アクアはコンパクトカーの中でトップレベルの低燃費を誇ります。

それと、コンパクトサイズなので運転しやすいのと先進の安全機能も備えてあります。

価格がリーズナブルで低燃費なのでコストパフォーマンスに優れたモデルです。


「価格」

1,785,240~2,089,800円


「燃費」

34.4~38.0km/ℓ


「値引き額」

6~13万円


「購入例」

グレード:S 車両本体価格:1,747,000円

自動車本体消費税:139,760円

自動車取得税:47,100円

自動車税(年額):34,500円

自動車重量税:22,500円

自賠責保険料:36,780円

諸費用他:50,000円

リサイクル料金:9,420円

合計:2,087,060


SPONSORED LINK



第4位「スズキ ワゴンR」





あらゆる性能が高い水準にある万能車のワゴンR(軽自動車)

月平均販売台数:11,919


ワゴンRは、背の高い軽ハイトワゴンで、居住性や実用性、安全性、燃費性能、加速性能などあらゆる面で高い性能を持つ万能車です。

高い水準の性能を持ちながら、割安な価格で販売されているお得なモデルでもあります。


「価格」

1,078,920~1,779,840円


「燃費」

26.4~33.4km/ℓ


「値引き額」

4~8万円


「購入例」

グレード:S 車両本体価格:1,305,000円

自動車本体消費税:104,400円

自動車取得税:23,400円

自動車税(年額):10,800円

自動車重量税:7,500円

自賠責保険料:35,610円

諸費用他:30,000円

リサイクル料金:9,140円

合計:1,525,850


第5位「ダイハツ タント」





子育て世代と高齢者に向いているタント(軽自動車)

月平均販売台数:11,636


タントは、とても実用的で「使いやすさ」にこだわったファミリー層向けのモデルです。

特に魅力なのは助手席側のスライドドアで、ドアのピラー(中央にある柱)をドアに内蔵することで開口幅が1490mmもの広さになっています。

あとは、収納ボックスが豊富に付いていて、緊急自動ブレーキは歩行者も検知してくれる高い安全性能を持っています。


「価格」

1,220,400~1,873,800円


「燃費」

26.0~28.0km/ℓ


「値引き額」

6~12万円


「購入例」

グレード:X・SAⅢ

車両本体価格:1,315,000円

自動車本体消費税:105,200円

自動車取得税:23,600円

自動車税(年額):10,800円

自動車重量税:7,500円

自賠責保険料:35,610円

諸費用他:30,000円

リサイクル料金:9,490円

合計:1,537,200


第6位「トヨタ プリウス」





圧倒的な低燃費を誇るプリウス(セダン)

月平均販売台数:9,880


ハイブリッドカーの先駆けで、代名詞とも言える存在のモデルです。

国産車の中でトップクラスの燃費性能を持っています。

優れているのは燃費だけでなく、走行性能や快適な乗り心地、高い安全性能も魅力となっています。


「価格」

2,429,018~3,394,145円


「燃費」

34.0~40.8km/ℓ


「値引き額」

11~23万円


「購入例」

グレード:S 車両本体価格:2,295,455円

自動車本体消費税:183,636円

自動車取得税:61,900円

自動車税(年額):39,500円

自動車重量税:22,500円

自賠責保険料:36,780円

諸費用他:50,000円

リサイクル料金:11,770円

合計:2,701,541


第7位「スズキ スペーシア」





車内が広く燃費が良いスペーシア(軽自動車)

月平均販売台数:9,573


全高が1700mmを超えるスーパーハイトワゴンで、室内が広く居住性の高いモデルです。

背の高い軽ハイトワゴンの中ではボディが軽く、マイルドハイブリッドを採用しているので燃費が良いです。

それと、動力性能も高く、積載性に優れているモデルでもあります。

安全装備も充実しています。


「価格」

1,274,400~1,918,080円


「燃費」

26.8~32.0km/ℓ


「値引き額」

6~13万円


「購入例」

グレード:X・デュアルカメラブレーキサポート

車両本体価格:1,350,000円

自動車本体消費税:108,000円

自動車取得税:24,300円

自動車税(年額):10,800円

自動車重量税:7,500円

自賠責保険料:35,610円

諸費用他:30,000円

リサイクル料金:9,580円

合計:1,575,790


第8位「ホンダ フィット」





車内が広く運転しやすいサイズのフィット(コンパクトカー)

月平均販売台数:8,814


全長が4m以下のコンパクトサイズで市街地での運転がしやすいです。

それと、燃料タンクを前席の下に搭載することでコンパクトカーながら空間効率を高めた快適な車内になっています。

あとは、歩行者を検知する緊急自動ブレーキが装備されています。

低燃費、低価格で運転しやすく、荷室も広めで実用性が高いバランスの取れた人気車種です。


「価格」

1,428,840~2,367,360円


「燃費」

19.2~37.2km/ℓ


「値引き額」

6~13万円


「購入例」

グレード:13G・Lホンダセンシング

車両本体価格:1,531,000円

自動車本体消費税:122,480円

自動車取得税:41,300円

自動車税(年額):34,500円

自動車重量税:22,500円

自賠責保険料:36,780円

諸費用他:50,000円

リサイクル料金:8,450円

合計:1,847,010


第9位「ホンダ フリード」





実用性と安全性が高いミニバンのフリード(ミニバン)

月平均販売台数:8,764


3列目シートを備えたコンパクトサイズのミニバンです。

3列目シートを畳むと大容量の荷室になるので実用性が高いです。

(シートアレンジも多彩で使い勝手が良いです)

運転しやすいサイズで、安全装備も充実しています。


「価格」

1,880,000~2,728,200円


「燃費」

17.6~27.2km/ℓ


「値引き額」

6~13万円


「購入例」

グレード:G・ホンダセンシング

車両本体価格:1,944,444円

自動車本体消費税:155,556円

自動車取得税:52,500円

自動車税(年額):34,500円

自動車重量税:22,500円

自賠責保険料:36,780円

諸費用他:50,000円

リサイクル料金:10,350円

合計:2,306,630


第10位「トヨタ シエンタ」





運転しやすいコンパクトサイズのシエンタ(ミニバン)

月平均販売台数:8,680


ミニバンの実用性とコンパクトカーのリーズナブルさを併せ持つファミリカーです。

(ミニバンの中では低価格で低燃費です)

後席側にはスライドドアが装着されているので乗り降りがしやすいです。


「価格」

1,689,709~2,329,855円


「燃費」

15.4~27.2km/ℓ


「値引き額」

7~14万円


「購入例」

グレード:X(7人乗り)

車両本体価格:1,681,818円

自動車本体消費税:134,545円

自動車取得税:45,400円

自動車税(年額):34,500円

自動車重量税:22,500円

自賠責保険料:36,780円

諸費用他:50,000円

リサイクル料金:10,650円

合計:2,016,193


さいごに


新車の販売台数が好調なのは主にコンパクトカーと軽自動車です。

その中でも特に低燃費で安全性に優れたモデルが高い人気を得ています。

日本では軽自動車のOEM車も含めると約200車種の新車を購入することができますが、その中で半年間の販売台数が1万台を超えているのは約50台ほどです。

人気モデルと不人気モデルの販売格差がかなり加速してきているように感じます。

ただ、人気の高いモデルには選ばれるだけの優れた特徴があることは間違いないです。

クルマを選ぶときには、販売台数の多い人気モデルから参考にしてみるのもいいと思います。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このブログについて

Picture globe

当ブログはランキング形式であらゆるジャンルの情報をご紹介させていただくものです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る