かっこいい軽自動車ランキング!男に人気の軽自動車6選とは?

この記事は6分で読めます

かっこいい軽自動車ランキング!男に人気の軽自動車6選とは?

男に人気の「かっこいい軽自動車」とは?


男が軽自動車で「かっこいい」と感じるのは「軽快な走りを楽しむスポーツカータイプ」や「悪路を力強く走ることのできるタフなSUVタイプ」などの高いパフォーマンス性を秘めたモデルです。

実用性の高い便利な軽自動車に魅力を感じないわけではないですが、不便でも燃費が悪くても「走りが楽しめるモデル」や「外観の無骨なカッコ良さ」などに大きな魅力を感じます。

これから「男がかっこいいと感じる」軽自動車を6車種ご紹介させていただきますので、あなたの車選びの参考にしてみてください。


第6位「ダイハツ ムーブカスタム」


rk48a


動力性能や足回りといった「走り」に関わる能力が高いムーブのエアロモデル「ムーブカスタム」

軽量でありながら高剛性ボディを採用することで大幅に走行性能を向上させています。

エクステリアは「LEDヘッドランプ」や「LEDフォグランプ」「エアロバンパー」などによりデザイン性を高めてあります。

rk48b


ホイールは「RS」が15インチで「X」が14インチになっています。

「超越」を意味する上級グレート「ハイパー」には、フロントグリルを「ダーククローム」や「LEDイルミネーション」を加えて特別感を演出してあります。

rk48c


上級グレードのハイパーは室内も上質になっています。

rk48d


安全性も高く前方は「レーザーレーダー」と「単眼カメラ」後方は「ソナーセンサー」によって事故を回避または被害の軽減をしてくれます。


ムーブカスタムの価格と燃費


価格:1,404,000円~1,803,600円

燃費:25.6km/ℓ~31.0km/ℓ


ムーブカスタムの主要諸元


※RS”ハイパーSAⅡ”(FF)


「全長×全幅×全高」

3395×1475×1630(mm)


「室内長×室内幅×室内高」

2080×1320×1280(mm)


「ホイールベース」

2455mm


「車両重量」

850kg


「最小回転半径」

4.7m


「エンジンの種類」

直列3気筒DOHCターボ


「総排気量」

658cc

SPONSORED LINK


第5位「スズキ アルトワークス」


aw01a


ファンの声によって復活した名車「アルトワークス」

アルトターボRSをベースにして、さらにトルクとレスポンスを向上させたROMチューンド・エンジンを搭載してあります。

(ターボRSの2ペダルMTから本格的な3ペダルMTに変化させています)

aw01b


ターボRSよりさらにエンジンをチューニングして加速性能を高めてあり、冷却系も強化して、制御開始水温も88度から82度に下げています。

他にも足回りやハンドリング性能なども向上させてあります。

aw01c


内装には、スポーツカーでの採用例が多い「レカロ製シート」を採用しています。

レカロ製シートは、体をしっかりと支えてくれるホールド性と長時間運転しても疲れにくい造りになっています。

aw01d


過去に走りを楽しんだ人には懐かしく、まだ走りの楽しさを体験したことが無い人にとっては運転の楽しさを味わうことができるモデルです。


アルトワークスの価格と燃費


価格:1,509,840円~1,617,840円

燃費:22.0km/ℓ~23.6km/ℓ


アルトワークスの主要諸元


※アルトワークス(FF/5MT)


「全長×全幅×全高」

3395×1475×1500(mm)


「室内長×室内幅×室内高」

2040×1255×1215(mm)


「ホイールベース」

2460mm


「車両重量」

670kg


「最小回転半径」

4.6m


「エンジンの種類」

直列3気筒DOHCターボ


「総排気量」

658cc


第4位「スズキ ジムニー」


gm01a


軽自動車で唯一の本格クロスカントリーモデルの「ジムニー」

SUV風のクロスオーバーモデルは数車種ありますが、本格的な悪路走破性を備えた軽自動車はジムニーしかないです。

gm01b


初登場は1970年で現行型は3代目になります。

(現行型も1998年から変わっていませんが愛好家による根強い人気を得ているモデルです)

発売当初から基本的な構成は変わっていなく・・・

「耐久性に優れたラダーフレーム」

「悪路に強い前後リーフリジッドサス」

「2WDと4WDを切り替えることができるパートタイム4WD」

などです。

他には、急な坂道や泥道などで高い効果を発揮してくれる「4WD-Lモード」も搭載されています。

gm01c


2ドアで荷室も広くないし、居住空間も良いとは言えないですが、すべては悪路走破性を優先したモデルなので多少の不便な面があっても反対に味わい深く感じるクルマになっています。

gm01d


現在、軽自動車で人気の高い「生活」を第一に考えたモデルと違って、完全に「趣味」を優先させているモデルです。

(男が好きな軽自動車はほとんどが趣味を優先しているモデルですが、ジムニーは特に趣味を優先しているモデルに感じます)


ジムニーの価格と燃費


価格:1,296,000円~1,691,280円

燃費:13.6km/ℓ~14.8km/ℓ


ジムニーの主要諸元


※ランドベンチャー(特別仕様車)


「全長×全幅×全高」

3395×1475×1680(mm)


「室内長×室内幅×室内高」

1685×1220×1210(mm)


「ホイールベース」

2250mm


「車両重量」

990kg


「最小回転半径」

4.8m


「エンジンの種類」

直列3気筒DOHCターボ


「総排気量」

658cc


第3位「スズキ ハスラー」


hs01a


軽ワゴンとSUVを融合させたクロスオーバーモデルの「ハスラー」

基本性能が高いワゴンRをベースとして造られているモデルです。

ベースのワゴンRよりも全高を低くすることで安定した走行ができて、車高を高くすることで雪道や悪路での走破性を高めてあります。

hs01b


内装はシンプルですが、安っぽい感じはしないです。

余計なものをすべてそぎ落としてメーターの視認性やスイッチ類の操作性など「使いやすさ」を優先させた造りになっています。

hs01c


ハスラーはジムニーほど本格的なオフロードモデルではないですが、滑りやすい路面でのスリップを回避する「グリップコントロール」や、下り坂でブレーキ操作をしなくても一定の速度で走行してくれる「ヒルホールドコントロール」や「汚れてもすぐに拭き取れる荷室」などアウトドアユースに適した機能が充実しています。

他にはメーカーオプションですが「全方位モニター」を装備することもできます。

あとは、「Xターボ」と「X」のグレードには車両だけでなく歩行者も検知してくれる自動ブレーキシステム「デュアルカメラブレーキサポート」が搭載されています。

それと「Sエネチャージ」によって、上質な走りと低燃費を実現しています。

個性的な内外装に惹かれるユーザーが多いのですが、それだけでなく「走り」「実用性」「燃費」「安全性」などでも高いパフォーマンスを発揮してくれるオールマイティなモデルです。


ハスラーの価格と燃費


価格:1,134,000円~1,749,600円

燃費:27.4km/ℓ~31.0km/ℓ


ハスラーの主要諸元


※Xターボ(4WD)


「全長×全幅×全高」

3395×1475×1665(mm)


「室内長×室内幅×室内高」

2160×1295×1250(mm)


「ホイールベース」

2425mm


「車両重量」

870kg


「最小回転半径」

4.6m


「エンジンの種類」

直列3気筒DOHCターボ+モーター


「総排気量」

658cc


第2位「ダイハツ コペン」


cp01c


オープンカーとクーペをスイッチ一つで簡単に変えられる「コペン」

コペンには「ローブ」「セロ」「エクスプレイ」という3タイプの個性的なモデルが用意されています。

cp01d


電動式のハードトップを備えてあって、スイッチ操作で簡単にオープンカーにもクーペにもなれます。

cp01a


それとボディ外板(外装パーツ)を自分好みに自由に着せ替えることができる「ドレスフォーメーション」を採用しています。

cp01b


「フロントだけ」とか「リヤだけ」を着せ替えることもできるので、自分だけのオリジナルを造ることができます。

cp01e


運転の楽しさ以外にも、様々な楽しさを見出すことができるモデルです。

それと、実用性ですが電動ルーフを下げていれば荷室に「機内持ち込みできるサイズのスーツケースなら3つ」「ゴルフバッグなら1つ」入れることができます。

あとは、小物を収納できるスペースが多いので、2シーターの軽自動車の割にはそれほど実用性が低いということも無いです。


コペンの価格と燃費


価格:1,852,200円~2,127,600円

燃費:22.2km/ℓ~25.2km/ℓ


コペンの主要諸元


※セロ(FF/5MT)


「全長×全幅×全高」

3395×1475×1280(mm)


「室内長×室内幅×室内高」

910×1250×1040(mm)


「ホイールベース」

2230mm


「車両重量」

850kg


「最小回転半径」

4.6m


「エンジンの種類」

直列3気筒DOHCターボ


「総排気量」

658cc


第1位「ホンダ S660」


s601a


軽自動車の中で最も走りを楽しむことができる「S660」

ホンダのスポーツカー「S」を受け継ぐ、本格的に走りを楽しむミッドシップモデルです。

グレードは装備の充実した「α」と自分好みにカスタマイズしたい人向けの「β」がラインナップされています。

(βはαに比べると価格が安くなっています)

s601b


エンジンをボディの中央に搭載してあって、低重心でカーブを曲がる時の性能が抜群に高いクルマです。

s601d


コックピット内では、レーシングカーのように低いシートポジションになっていて、シートの着座位置とシフトレバーの位置関係は「初代NSXと同じ数値にしてある」とか「ヒールアンドトゥがしやすいペダル配置」というような「強いこだわり」を感じる部分が随所にあります。

s601f

s601i


センターディスプレイでは、中央にデジタルスピードメーター、その周りにタコメーターを配置してあります。

s601e

それと、軽自動車で初の「6速マニュアル」を採用していいます。

s601h


ルーフは自分で取り外さなければいないので、スイッチ一つで開閉できるコペンに比べると不便に感じますが、そういった不便さも楽しみながら行える魅力があります。

s601g


トランクが無く実用性が皆無で100%「走るためだけ」に造られたモデルです。

外観のかっこよさや走行性能の高さだけでなく「作り手の想い」を感じることのできるモデルです。


S660の価格と燃費


価格:1,980,000円~2,180,000円

燃費:21.2km/ℓ~24.2km/ℓ


S660の主要諸元


※α(FF/5MT)


「全長×全幅×全高」

3395×1475×1180(mm)


「室内長×室内幅×室内高」

895×1215×1020(mm)


「ホイールベース」

2285mm


「車両重量」

830kg


「最小回転半径」

4.8m


「エンジンの種類」

直列3気筒DOHCターボ


「総排気量」

658cc


さいごに


男が好きなものにはクルマに限らず「こだわり」が感じられるものが多いです。

今回ご紹介させていただいた車の中には、走りを優先させるためにはトランクルームすら設定していないモデルもあります。

あとは、細部に至るまでクルマを製造してくれた人達の「強いこだわり」を感じることができるモデルが多いです。

だからこそ、男から見て「かっこいい」と感じることができるのだと思います。

使い勝手が悪かったり、車内が狭かったりしても「悪路走破性」や「楽しさを実感できる走り」など何か一つでも特化しているクルマに大きな魅力を感じるものなのだと思います。

あなたにとって「かっこいい」と思えるクルマで充実したドライブを楽しんでください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このブログについて

Picture globe

当ブログはランキング形式であらゆるジャンルの情報をご紹介させていただくものです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る