軽トラ人気ランキング!軽トラの荷台の大きさや燃費の違いとは?

この記事は5分で読めます

軽トラ人気ランキング!軽トラの荷台の大きさや燃費の違いとは?

軽トラの車種は何種類あるの?


軽自動車は8メーカーから販売されていて、車種は9モデルです。

ただ、この8メーカーのうち実際に造っているのは「ダイハツ」「スズキ」「ホンダ」の3社だけで他のメーカーから販売されているモデルは「OEM車」です。

(OEM車というのは、他社で製造販売されているモデルを名前を変えて自社で販売することです)

OEM車であってもオプション設定や外観が違っていたりします。

これから現在販売されている軽トラをランキング形式でご紹介させていただきますので、あなたのクルマ選びの参考にしてみてください。


第9位「三菱 ミニキャブミーブトラック」


mct01a

国産で唯一の電気自動車軽トラックの「ミニキャブミーブトラック」

1回の充電での航続可能距離は104kmとなっています。

電気で走行するのでCO2や大気汚染物質の排出がなく食品を運ぶ時も安心です。

あとは、お店や家での充電なのでガソリン代がかかることはないです。

荷台の最大積載量は350kgとなっています。

mct01b

以前は急速充電機能がオプション設定になっていましたが現在では標準装備となっています。


ミニキャブミーブトラックの価格と燃費


価格:1,655,640円~1,821,960円

燃費:104km(一充電走行距離)


ミニキャブミーブトラックの人気のグレードと価格


VX-SE 10.5kWh:1,655,640円


ミニキャブミーブトラックの荷台寸法(長さ×幅×高さ)


1940mm×1415mm×290mm


SPONSORED LINK



第8位「マツダ スクラムトラック」


st01a

広い荷台が魅力の「スクラムトラック」

スズキ「キャリイ」のOEM供給を受けて販売されているモデルです。

ベースがキャリイなので荷台が広く使い勝手が良いです。

st01b

上級グレードの「KX」のみにパートタイム4WDのオートマ仕様が設定されています。

エアコンとパワステは全車に標準装備されています。


スクラムトラックの価格と燃費


価格:806,760円~1,205,280円

燃費:17.0km/ℓ~19.8km/ℓ


スクラムトラックの人気のグレードと価格


KCエアコン・パワステ:955,800円


スクラムトラックの荷台寸法(長さ×幅×高さ)


1940mm×1410mm×290mm


第7位「トヨタ ピクシストラック」


pt01a

豊富なオプションが用意されている「ピクシストラック」

ダイハツ「ハイゼットトラック」のOEM供給を受けて販売されているモデルです。

エンブレム以外は装備内容も含めてベースのハイゼットトラックとほとんど同じです。

pt01b

ただ、メーカーオプションはハイゼットトラックよりも多いです。

あえて上級グレードの「エクストラ」にはせず標準的な「スタンダード」にして好みのオプションを選ぶのもいいと思います。


ピクシストラックの価格と燃費


価格:653,400円~1,198,800円

燃費:17.6km/ℓ~19.6km/ℓ

(※オプションのエコバック装着車の燃費は21.0km/ℓ)


ピクシストラックの人気のグレードと価格


スタンダード:955,800円


ピクシストラックの荷台寸法(長さ×幅×高さ)


1940mm×1410mm×285mm


第6位「三菱 ミニキャブトラック」


mc01a

キャリイのOEM車で積載性の高い「ミニキャブトラック」

「ミニキャブ」という名称自体は長い歴史を持ち誕生は1966年です。

以前は日産にOEM供給をしていたこともあるのですが三菱が電気自動車以外の商用車生産から撤退した為、スズキ「キャリイ」のOEM供給を受けて販売されるようになったモデルです。

mc01b

キャリイと同じように荷台が広く積載性に優れています。

最上級モデルの「G」と標準モデルの「M」と農繁仕様の「みのり」がラインナップされています。


ミニキャブトラックの価格と燃費


価格:812,160円~1,210,680円

燃費:17.0km/ℓ~19.8km/ℓ


ミニキャブトラックの人気のグレードと価格


M:961,200円


ミニキャブトラックの荷台寸法(長さ×幅×高さ)


1940mm×1410mm×290mm


第5位「スバル サンバートラック」


sst01a

多彩なラインナップでパネルバンやダンプも設定されている「サンバートラック」

ダイハツ「ハイゼットトラック」のOEM供給を受けて販売されているモデルです。

sst01c

ラインナップが豊富でスタンダードの「TB」や上級モデルの「TC」の他に「ハイルーフ」「グランドキャブ」「パネルバンハイルーフ」「三方開ダンプ」が設定されています。

sst01b

ラインナップが豊富なのでライフスタイルに合わせてモデルを選ぶことができます。


サンバートラックの価格と燃費


価格:653,400円~1,374,840円

燃費:17.4km/ℓ~19.6km/ℓ

(※オプションのエコバック装着車の燃費は21.0km/ℓ)


サンバートラックの人気のグレードと価格


スタンダード:804,600円


サンバートラックの荷台寸法(長さ×幅×高さ)


1940mm×1410mm×285mm


第4位「日産 NT100クリッパー」


nt01a

ゆとりのある広いキャビンとサビに強い荷台を持つ「NT100クリッパー」

以前は三菱の「ミニキャブ」からOEM供給を受けていましたが現行型はスズキの「キャリイ」からOEM供給を受けています。

nt01c

キャビンの室内幅は1310mm確保されているのでゆったりとした気持ちになれる室内空間となっています。

nt01b


NT100クリッパーの価格と燃費


価格:839,160円~1,237,680円

燃費:17.0km/ℓ~19.8km/ℓ


NT100クリッパーの人気のグレードと価格


DX:839,160円


NT100クリッパーの荷台寸法(長さ×幅×高さ)


1940mm×1410mm×290mm


第3位「ホンダ アクティトラック」


at01a

運転のしやすさと安定した走行性が魅力の「アクティトラック」

アクティトラックの発売は1977年で高回転のエンジンを搭載していることから「農道のフェラーリ」とか「農道のNSX」と呼ばれてきたモデルです。

専用のサスペンションやショートホイールベース、エンジンを前後の車軸の間に置く「MR方式」などによってデコボコ道でも安定した走行ができるようになっています。

農作業用の「ATTACK」は、田畑のような「ぬかるみ」や急な坂道の発進をサポートしてくれる機能が備わっています。

ボディは荷台までフレーム一体式としたモノコック構造を採用しています。

at01b


アクティトラックの価格と燃費


価格:790,000円~1,179,600円

燃費:16.2km/ℓ~18.4km/ℓ


アクティトラックの人気のグレードと価格


SDX:959,600円


アクティトラックの荷台寸法(長さ×幅×高さ)


1940mm×1410mm×290mm


第2位「スズキ キャリイ」


sk01a

実用性の高さを追求しているモデル「キャリイ」

1961年の発売以来長く愛されている軽トラです。

そして、多くのメーカーにOEM車として供給しているモデルでもあります。

sk01b

荷台が広く、地上から床面までの高さも低く設定されているので積み降ろしがしやすいです。

sk01c

現行型は重量バランスが良く、悪路走破性や小回りに優れているショートボディを採用しています。

あとは、2WDと4WDの切り替えがスイッチ一つで簡単にできたり、路面状況に応じて低速4WDと高速4WDの切り替えもレバー操作で切り替えることができます。

それと、ぬかるみから脱出しやすいデフロック機能もグレードによって搭載されています。


キャリイの価格と燃費


価格:684,720円~1,167,480円

燃費:17.0km/ℓ~20.2km/ℓ


キャリイの人気のグレードと価格


KCエアコン・パワステ:955,800円


キャリイの荷台寸法(長さ×幅×高さ)


1940mm×1410mm×290mm


第1位「ダイハツ ハイゼットトラック」


ht01a

多彩なカラーバリエーションや優れた積載性と燃費性能を持つ「ハイゼットトラック」

9色のボディカラーやオプションのメッキ装飾など外観の「選ぶ楽しさ」があるモデルです。

そして紫外線、赤外線カットガラスや空気をキレイにするなど女性目線で考えられた「ビューティーパック」や安全装備のオプション「安全パック」や荷台全面までフルメッキ加工してくれる「ストロング坊錆パック」など様々な「選べるパック」が用意されています。

エンジンはダイハツの「e:sテクノロジー」で軽トラ初の「電子制御式4速オートマ」も採用しています。

ht01b

あとは、ガードフレーム荷台長(ガードフレームからテールゲートまでの長さ)が他もモデルと比べると長くなっています。

ht01c

人気ナンバー1モデルだけあって、燃費や安全性、走行性能も含めて高い水準を持っています。


ハイゼットトラックの価格と燃費


価格:653,400円~1,296,000円

燃費:17.4km/ℓ~19.6km/ℓ

(※オプションのエコバック装着車の燃費は21.0km/ℓ)


ハイゼットトラックの人気のグレードと価格


スタンダード:955,800円


ハイゼットトラックの荷台寸法(長さ×幅×高さ)


1940mm×1410mm×285mm


さいごに


軽トラの多くがOEM供給されているモデルなので実際には「荷台の広さ」や「積み降ろしのしやすさ」に大きな違いは無いです。

あと、最小回転半径もほとんどの車種が3.6mなので、ほぼすべてのモデルが小回りがきいて狭い道でも走りやすくなっています。

(ミニキャブミーブトラックだけが最小回転半径4.5mです)

それでも、ボディカラーやオプション設定などを見ると細かい違いがたくさんあるので、よく確認してご自身のスタイルに一番合うモデルを探してみてください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このブログについて

Picture globe

当ブログはランキング形式であらゆるジャンルの情報をご紹介させていただくものです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る