国産の高級SUVランキング!日本の高級SUV8選とは?

この記事は5分で読めます

国産の高級SUVランキング!日本の高級SUV8選とは?

高級SUVランキングとは?


高級SUVランキングは、国産SUVの中で価格の高いモデルをランキング形式でご紹介させていただきます。

(内装の質感が高いと感じるモデルや装備の充実度は好みに個人差があるのでモデルの最上級グレードで価格の高いモデル順になっています)


第8位「三菱 アウトランダーPHEV」


pe01b


充電を可能にした高性能プラグインハイブリッドSUVの「アウトランダーPHEV」

駆動用電池の容量が大きいので充電された電力で走れる距離がかなり長いです。

(充電電力を使用した時の走行距離は60.8kmもあります)

それと、1500Wの電力が使えるので、停電や災害、キャンプなどのアウトドアで家電製品が使用できて便利です。

pe01c


アウトランダーPHEV最上級グレードの価格と燃費


Gプレミアムパッケージ:4,590,000

燃費:19.2km/ℓ(充電電力使用時の燃料消費率)

充電電力使用時走行距離:60.2km/ℓ


アウトランダーPHEV最上級グレードの主な装備


pe01e


「本革シート」

pe01d


「4WD LOCKモードスイッチ」

pe01f

悪路や雪道、登り坂などで優れた走破性を発揮してくれます。


「100V AC電源(1500W)」

pe01g


1500wの家電製品が使えます。


「エレクトリックテールゲート」

pe01h

荷室を手動だけでなく、運転席からやリモコン操作でも開閉できます。


「7インチWVGAディスプレイメモリーナビゲーション」

pe01j


高性能なナビゲーションシステムです。


SPONSORED LINK



第7位「トヨタ ハリアー」


ha01a


内外装を豪華に作りこんだ元祖プレミアムSUVの「ハリアー」

現行型は3代目で、ラインナップは「2000ccのガソリン車」と「2500ccのハイブリッド車」があります。

日本人ユーザー好みに内外装を丁寧に作りこんであるので、とても質感が高く快適な居住性になっています。

ha01b

ha01c


シートアレンジが多彩で荷室も広く実用性が高いです。

ha01d

ha01e


ハリアー最上級グレードの価格と燃費


プレミアムアドバンスパッケージ(ハイブリッド):4,591,963

燃費:21.4km/ℓ(JC08モード)


ハリアー最上級グレードの主な装備


「アルミホイール」

ha01f

(タイヤ:235/55R18)


「木目調&本革ステアリング」

ha01g


「エボニーストライプ」

ha01h

ha01j


「レーダークルーズコントロール」

ブレーキ制御付きのクルーズコントロールが標準装備となっています。


第6位「三菱 パジェロ」


pj01a


世界屈指の高いオフロード性能を持つ「パジェロ」

最上級グレードの「スーパーエスクード」は、高性能なオフロード性能だけでなく「木目」や「本革」を使用した高級感のあるインテリアにもなっています。

pj01b

pj01c


パジェロは、副変速機を備えた4WDなので走行性能が非常に高いです。

ただ、ランドクルーザープラドと比べてしまうと設計自体が古いので装備に物足りなさを感じてしまいます。


パジェロ最上級グレードの価格と燃費


スーパーエスクード:4,951,800

燃費:10.0km/ℓ(JC08モード)


パジェロ最上級グレードの主な装備


「本木目&本革巻ステアリング」

pj01d


「クルーズコントロール」

pj01e


「アルミペダル」

pj01f


「7インチWVGAディスプレイメモリーナビゲーション」

pj01g


第5位「トヨタ ランドクルーザープラド」


pd01a


本格的なオフロード走行だけでなくオンロードでも安定した走りができる「プラド」

ラインナップは「2700cc直4ガソリン車」と「2800cc直4ディーゼルターボ」となっています。

ディーゼル車は走破性がとても優れていて、静粛性の高いボディを採用しているので音や振動が気にならないです。

そして、内装は上質で乗り心地も快適です。

pd01b

pd01c


プラド最上級グレードの価格と燃費


TZ-G:5,133,927

燃費:11.2km/ℓ(JC08モード)


プラド最上級グレードの主な装備


「アルミホイール」

pd01d

(タイヤ:265/60R18)


「LEDヘッドランプ」

pd01e


「UVカットガラス」

pd01e


「快適温熱シート」

pd01f

(運転席、助手席)


第4位「レクサスNX」


nx01a


レクサスの中ではコンパクトなプレミアムSUVの「NX」

トヨタの上級ブランド「レクサス」のSUVです。

レクサスのSUVの中ではコンパクトサイズですが、SUV全般の中ではミドルサイズで全幅もワイドなので小さいクルマではないです。

内装が上質で、後席も広くゆったりと乗れるので高級感を感じることができます。

nx01b

nx01c


動力性能やハンドリング性能が高い割に燃費も良いので人気のあるモデルとなっています。

運転もしやすいのでレクサスの中では女性ユーザーが比較的多いです。


レクサスNX最上級グレードの価格と燃費


NX300h/Fスポーツ(ハイブリッド4WD):5,820,000

燃費:19.8km/ℓ(JC08モード)


レクサスNX最上級グレードの主な装備


「Fスポーツ専用ブラックドアミラー」

nx01d


「Fスポーツ専用エンブレム」

nx01f


「Fスポーツ専用シート」

nx01g


第3位「トヨタ ランドクルーザー」


rc01a


世界屈指の本格クロカンモデル「ランドクルーザー」

V8気筒4600ccエンジンを搭載したLサイズ(大型)ボディのSUVです。

走破性はSUVの中でもトップクラスの走破性を持っています。

(ボディはモノコックではなくフレームになっています)

本格的なオフロード走行を楽しむことができますが市街地での走行には向いていないし、乗り心地も高級車の中では良い方ではないです。

ただ、ランドクルーザーが好きなユーザーは、快適性より「外観のカッコ良さ」や「抜群の悪路走破性」に大きな魅力を感じているのであまり不満に感じることはないです。

内装はシンプルですが重厚感があって上質なものになっています。

rc01b

rc01c


ランドクルーザー最上級グレードの価格と燃費


ZX:6,825,600

燃費:6.7km/ℓ(JC08モード)


ランドクルーザー最上級グレードの主な装備


「アルミホイール」

rc01d

(タイヤ:285/50R20)


「サイドプロテクションモール」

rc01e


「木目調&本革ステアリング+ステアリングヒーター」

rc01f


「スペースアップシート(跳ね上げ機能付)」

rc01g


第2位「レクサスRX」


rx01a


シティ派SUVの上級モデル「レクサスRX」

レクサスのSUVモデルの中ではミドルレンジ(中間グレード)ですが、SUV全般で見ると上級プレミアムモデルです。

パワーユニットは「2000cc直4ガソリンターボ」と「3500ccV8ハイブリッド」になっています。

ハイブリッドの4WD車は、「E-Four(電気式AWDシステム)」を採用していて安定性と快適性に優れています。

そして、内装の質感や装備の充実度はSUVの中でもトップクラスとなっています。

rx01b


レクサスRX最上級グレードの価格と燃費


RX450h(バージョンL):7,285,000

燃費:18.2km/ℓ(JC08モード)


レクサスRX最上級グレードの主な装備


「アルミホイール」

rx01b

(235/55R20)


「バックガイド&サイドモニター」

rx01c


「ブラインドスポットモニター」

rx01d

ドアミラーで確認しにくい後方のクルマや急接近してくるクルマを検知して警告してくれたり、運転をサポートしてくれます。


「木目&本革ステアリング」

rx01e


第1位「レクサスLX」


lx01a


国産SUVの中で最も価格が高い高級車「レクサスLX」

レクサスLXはランドクルーザーをベースに内外装を豪華にしたモデルです。

エンジンは「5700ccのV8エンジン」のフルタイム4WDを搭載していて悪路を走るオフロードの走破性や装備はSUVトップクラスの実力を持っています。

内装は高級感があり、全後席ともにゆったりとした座り心地の快適空間になっています。

lx01b

lx01c

lx01d

グレードの種類は一つしかなく価格は1千万円以上です。


レクサスLX最上級グレードの価格と燃費


LX570:11,000,000

燃費:6.5km/ℓ(JC08モード)


レクサスLX最上級グレードの主な装備


「LEDヘッドランプ&フォグランプ」

lx01e

lx01f


「リヤステップガード」

lx01g


「ムーンルーフ」

lx01h


「木目調&本革ステアリング」

lx01j


さいごに


SUVの「高級車」と呼ばれるモデルのほとんどはトヨタか三菱関連のクルマです。

日本では、高級車よりも低燃費で低価格でコストパフォーマンスの高いモデルの方が人気があります。

そして、高級SUVの中のほとんどのモデルは大型ボディのLサイズです。

(日本で人気が高いのは軽自動車やコンパクトカーなどのボディが小さくて取り回しやすいモデルです)

高級SUVは、日本市場の人気モデルとは真逆のスタイルとなります。

それでも、「高級SUV」を開発し続けるメーカーには「こだわり」があるのだと思います。

根強いファンもたくさんいます。

SUV人気が国内でも加速しているので今後の「高級SUV」の進化に期待したいですね。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このブログについて

Picture globe

当ブログはランキング形式であらゆるジャンルの情報をご紹介させていただくものです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る