ワゴン車人気ランキング!おすすめのステーションワゴンとは?

この記事は6分で読めます

ワゴン車人気ランキング!おすすめのステーションワゴンとは?

ステーションワゴンとは?


ステーションワゴンはセダンのように安定した走行ができて、荷室が広く実用性の高いクルマです。

コンパクトなサイズや居住空間の広いモデル、スポーツカーのように走りを楽しむことができるモデルもあります。

ただ、近年ではミニバンやコンパクトカーの人気が高まっていて販売されているステーションワゴンの車種自体がかなり少なくなっています。

(ステーションワゴンはミニバンほど実用性が高くなく、コンパクトカーに比べると割高だからです)

ミニバンほど大きなボディでなく、コンパクトカーより大きいサイズで実用性と走行性の高いモデルが欲しいユーザーにとってはステーションワゴンは使い勝手の良いクルマになると思います。

これから国産ステーションワゴンを6車種ご紹介させていただきますので、あなたのクルマ選びの参考にしてみてください。


第6位「マツダ アテンザワゴン」


at01a


快適でスポーティな運転ができる「アテンザワゴン」

ラインナップは「2200ccのクリーンディーゼルターボ」と「2500cc、2000ccのガソリン車」となっています。

クリーンディーゼルターボ搭載車は、高い走行性能を持ちながらステーションワゴンの中では低燃費となっています。

内外装のデザインが上質で、居住性にも優れていています。

at01b

at01c


運転しやすく後席まで快適な空間となっているので長距離ドライブにも向いています。

ただ、ボディが大柄なので駐車場などでの取り回しには注意が必要になります。

at01d


先進技術の「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」を搭載していて高い安全性を持っています。

(安全技術のアイ・アクティブセンスは、車の前後左右(全方向)からドライバーや同乗者を危険から守り運転をサポートしてくれます)

「i-ACTIV AWD」という4WDシステムを搭載しているので雪道やオフロードでもタフに走破できる実力を持っています。


アテンザワゴンの価格


2,764,800~4,001,400円


アテンザワゴンの燃費


16.0~19.6km/ℓ(JC08モード)


アテンザワゴンのおすすめグレード


XDプロアクティブ:3,227,800円


アテンザワゴンの主要諸元


「全長×全幅×全高」

4800×1840×1480mm


「室内長×室内幅×室内高」

1930×1550×1170mm


「ホイールベース」

2750mm


「車両重量」

1540kg


「最小回転半径」

5.5m


「タンク容量」

62ℓ


SPONSORED LINK



第5位「トヨタ アベンシス」


av01a


イギリスの工場で造られているトヨタ唯一の輸入車「アベンシス」

意外と知らない人が多いですが、アベンシスは輸入乗用車です。

なので、ウィンカーのレバーが国産車と反対の左側にあります。

前後席の居住性が高くシートアレンジが多彩で荷室も広いので実用性に優れています。

av01b

av01d

av01e


走行性能や安全性能も高い水準のものになっています。

(ヨーロッパで販売されていた車種だけあって質の高い乗り味になっています)

ただ、ハイオク仕様なのとレヴォーグに比べるとメリットが少ない気がします。

av01f


アベンシスの価格


2,743,200~2,983,745円


アベンシスの燃費


14.6km/ℓ(JC08モード)


アベンシスのおすすめグレード


Xi:2,749,091円


アベンシスの主要諸元


「全長×全幅×全高」

4820×1810×1500mm


「室内長×室内幅×室内高」

1980×1495×1185mm


「ホイールベース」

2700mm


「車両重量」

1470kg


「最小回転半径」

5.4m


「タンク容量」

60ℓ


第4位「日産 ウィングロード」


wr01a


荷室の広さと多彩なシートアレンジが魅力の「ウィングロード」

荷室から簡単な操作で後席のシートや助手席のシートを倒せるので長い物や大きい荷物を楽に積むことができます。

wr01b


オプションですが、耐水表皮で覆われている「ウォッシャブルラゲッジボード」は水や汚れだけでなく傷にも強いので汚れることや傷になることを気にせず使うことができます。

wr01c

wr01d


他にもオプションですが、荷室に格納されている背もたれを引き上げると2人分のベンチになります。

wr01e


デビューから11年経っているので機能が古くなっていて自動ブレーキなどの安全装備が付いていないのですが、レジャーや趣味で汚れを気にせずに道具として使い倒すなら便利なクルマです。

wr01f


ウィングロードの価格


1,782,000~2,019,600円


ウィングロードの燃費


17.2km/ℓ(JC08モード)


ウィングロードのおすすめグレード


15M:2,019,600円


ウィングロードの主要諸元


「全長×全幅×全高」

4440×1695×1505mm


「室内長×室内幅×室内高」

2055×1395×1210mm


「ホイールベース」

2600mm


「車両重量」

1220kg


「最小回転半径」

5.2m


「タンク容量」

45ℓ


第3位「スバル レヴォーグ」


rv01a


走りの楽しさと実用性の高さが魅力の「レヴォーグ」

エンジンは水平対向の1600ccと2000ccの直噴ターボでスポーツカー並みの動力性能を持っています。

ボディの高剛性を高めてあって安定した走行ができます。

rv01b


「アイサイトバージョン3」を搭載しているので高い安全性を持っています。

価格は高めですが、走行性能や乗り心地、上質な内装、高い安全性を考えると満足できるモデルだと思います。

燃費性能はあまり良くないですが、荷室が広くて実用性が高いのでファミリーカーにも適しています。

(居住空間は大人4名で乗車の場合は、後席が少し狭く感じる場合があります)


レヴォーグの価格


2,775,600~3,564,000円


レヴォーグの燃費


13.2~17.6km/ℓ(JC08モード)


レヴォーグのおすすめグレード


1.6GTアイサイト:2,775,600円


レヴォーグの主要諸元


「全長×全幅×全高」

4690×1780×1485mm


「室内長×室内幅×室内高」

2005×1490×1205mm


「ホイールベース」

2650mm


「車両重量」

1530kg


「最小回転半径」

5.4m


「タンク容量」

60ℓ


第2位「ホンダ シャトル」


sh01a


後席と荷室が広く低燃費で実用性の高い「シャトル」

フィットのプラットフォームを使ったコンパクトワゴンです。

荷室が広く後席を畳むことで大容量のスペースができます。

さらに地上から荷室の開口部までの高さが54cmと低いので荷物の積み下ろしが楽にできます。

sh01b

sh01c


ラインナップは1500ccのガソリン車と1500ccのハイブリッド車があって、ハイブリッドの方は燃費性能が良く34.0km/ℓとなっています。

(ステーションワゴンの中で一番燃費が良いです)

sh01d


コンパクトなサイズの5ナンバー車で扱いやすいです。

そして、内装は上質なものになっています。

sh01e


実用性の高いクルマが欲しくても「ミニバンやSUVだとボディサイズが大きすぎる」というユーザーにとって立体駐車場が利用できるシャトルはうってつけのモデルです。


シャトルの価格


1,690,000~2,542,000円


シャトルの燃費


19.4~34.0km/ℓ(JC08モード)


シャトルのおすすめグレード


ハイブリッドX:2,195,000円


シャトルの主要諸元


「全長×全幅×全高」

4400×1695×1545mm


「室内長×室内幅×室内高」

1925×1450×1290mm


「ホイールベース」

2530mm


「車両重量」

1220kg


「最小回転半径」

4.9m


「タンク容量」

40ℓ


第1位「トヨタ カローラフィールダー」


kf01a


燃費性能と安全性能に優れていて運転のしやすさが魅力の「カローラフィールダー」

長い歴史を持つカローラのステーションワゴンです。

ラインナップは「1500ccと1800ccのガソリン車」と「1500ccのハイブリッド車」となっています。

ハイブリッドは燃費性能に優れていて33.8km/ℓです。

(ガソリン車もステーションワゴンの中では低燃費です)

kf01b


荷室の容量が407ℓあって荷室から後席のシートを倒すことができるので大きい荷物が積みやすいのと、レジャーや趣味でも幅広い使い方ができます。

kf01c


内装は使いやすく質感の高いものになっています。

kf01d

(ホワイトのシートはオプションになります)


カローラフィールダーは、前方の視界を広くしたり、駐車が楽にできるように斜め後ろの視界を見やすくするといった工夫がされています。

kf01e

kf01f


最小回転半径が4.9mなので取り回し性にも優れています。

カローラフィールダーは細かい部分にまでこだわって「運転のしやすさ」を追求しているクルマです。

(カローラ自体が運転のしやすいモデルです)

先進の安全機能を装備しているので安全性が高いです。

実際には居住性や積載性はシャトルやウィングロードの方が優れていますが「運転のしやすさ」や「一度乗ると飽きのこない使い勝手の良さ」が高い人気となっています。

kf01g


カローラフィールダーの価格


1,625,891~2,474,182円


カローラフィールダーの燃費


16.0~33.8km/ℓ(JC08モード)


カローラフィールダーのおすすめグレード


ハイブリッドG:2,298,437円


カローラフィールダーの主要諸元


「全長×全幅×全高」

4400×1695×1475mm


「室内長×室内幅×室内高」

1945×1430×1200mm


「ホイールベース」

2600mm


「車両重量」

1180kg


「最小回転半径」

4.9m


「タンク容量」

36ℓ


さいごに


荷室や後席の広さが魅力的なステーションワゴンはレジャーや趣味で使ったり、ファミリカーにも適しているモデルです。

低重心で安定した走行ができて、ターボ車を搭載したモデルはスポーツカー感覚で走りを楽しむことができます。

乗り心地が良く、趣味性が強いので「クルマ好き」のユーザーが多いモデルでもあります。

カローラフィールダーは「運転のしやすさ」が他のジャンルのモデルと比べても高い方なので女性にもおすすめできるモデルです。

車種は多くないですが様々なタイプがあるので、あなたに合ったステーションワゴンを探してみてください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このブログについて

Picture globe

当ブログはランキング形式であらゆるジャンルの情報をご紹介させていただくものです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る