ダイハツ軽自動車人気ランキング!人気のおすすめ車種8選とは?

この記事は5分で読めます

ダイハツ軽自動車人気ランキング!人気のおすすめ車種8選とは?

第8位「ムーヴキャンバス」


mc01a


女性の使い勝手の良さとデザインを追求して造られた「ムーヴキャンバス」

mc01b


まず目を引くのがパステルカラー中心のボディカラーです。

(全17色ものボディカラーが用意されています)

軽自動車としては今までに無いタイプで全高が1700mm以下のハイトワゴンでは初のスライドドアを採用しています。

子育てで子供を抱えていたり、買い物で手がふさがっていることが多い女性の為に両側のリヤをスライドドアにしています。

後席の下に引き出しを引っ張ると「置きラクバスケット」という荷物置きが出てきます。

(買い物などで倒れやすい荷物を安定して置くことができます)

mc01c


他にもたくさんの収納設備があるのでかなり使い勝手が良いです。

それと、クルマを駐車する時のサポートとして「パノラマモニター」を採用しています。

mc01d


あとは衝突支援回避システム「スマートアシストⅡ」を搭載しているので安全性も高いです。

ムーヴキャンバスはターボ車がラインナップされていないので登り坂の多い地域ではよく検討した方がいいです。


ムーヴキャンバスの主要諸元


「価格」

1,188,000~1,688,600円


「燃費(JC08モード)」

28.6km/ℓ


「全長×全幅×全高」

3395×1475×1655mm


「室内長×室内幅×室内高」

2155×1345×1285mm


「最小回転半径」

4.4m


「タンク容量」

30ℓ


SPONSORED LINK



第7位「コペン」


cp01b


オープンカーとクーペスタイルを簡単に変更できる2シーターのスポーツモデル「コペン」

異なる3タイプから選ぶことができます。

cp01a2


コペンの魅力はスイッチひとつで電動のハードトップを開閉できるので状況に合わせてオープンカーにもスポーツクーペにもなれることです。

全車ターボで運転を楽しむことができる加速力と安定性、軽快なハンドリング性能を持っています。


コペンの主要諸元


「価格」

1,852,200~2,127,600円


「燃費(JC08モード)」

25.2km/ℓ


「全長×全幅×全高」

3395×1475×1280mm


「室内長×室内幅×室内高」

910×1250×1040mm


「最小回転半径」

4.6m


「タンク容量」

30ℓ


第6位「ミラココア」


mc001a


可愛らしいデザインが魅力の「ミラココア」

ボディが比較的軽い方なので燃費性能や動力性能も良いです。

ただ、ターボ車は無いので走りを楽しむタイプではなく、緊急ブレーキや横滑り防止機能も装備されていないので安全性も高くないです。

可愛らしいデザインのオプション品が色々とあって純粋にデザインを楽しむためのモデルです。

(内装を自分好みにすることができます)

mc001b


あとは、運転席から見てボンネットが見えるので車両感覚がつかみやすいのと、リヤに斜め後ろを確認しやすいガラスが付いています。

mc001c


ミラココアの主要諸元


「価格」

1,188,000~1,544,400円


「燃費(JC08モード)」

29.0km/ℓ


「全長×全幅×全高」

3395×1475×1530mm


「室内長×室内幅×室内高」

1930×1345×1240mm


「最小回転半径」

4.5m


「タンク容量」

30ℓ


第5位「ウェイク」


wk01a


軽自動車の中でトップクラスの背の高さを持つ「ウェイク」

ウェイクの大きな魅力は1800mmを超える背の高さを活かした実用性の高さです。

荷室がかなり広く、室内の収納設備も充実しています。

wk01b

wk01c


荷室に高さがあるのでベビーカーを縦置きで置くこともできます。

あとは、荷室から後席を動かすこともできるので様々な使い方ができます。

緊急自動ブレーキは、歩行者も検知してくれるので安全性も高いです。


ウェイクの主要諸元


「価格」

1,350,000~1,841,400円


「燃費(JC08モード)」

23.8km/ℓ


「全長×全幅×全高」

3395×1475×1835mm


「室内長×室内幅×室内高」

2215×1345×1455mm


「最小回転半径」

4.4m


「タンク容量」

36ℓ


第4位「ミライース」


me01a


軽自動車(乗用車タイプ)の中で最も価格が安い「ミライース」

最廉価グレードの価格は76万円で、燃費は35.2km/ℓという驚異的なコストパフォーマンスを誇っています。

燃費性能はアルトに劣るものの軽自動車だけでなくすべてのジャンルのクルマの中でもトップクラスに「お財布に優しい」モデルです。

ただ、低価格で低燃費を重要視しているので収納設備は少ないし、荷室は狭いし、内装も質素になっています。

それでもキーを持っている状態でドアハンドルに指を触れるだけでドアの開閉ができたり、エンジンの始動も「プッシュボタンスタート」が付いていたり、衝突回避支援システムの「スマートアシスト」も付いているので不満を感じることは無いはずです。

me01b

(低価格で低燃費なのに緊急ブレーキを付けていることがすごいし良心的です)

長距離運転には不向きなクルマなので、通勤や買い物などの短い距離で毎日利用するユーザー向けのモデルです。


ミライースの主要諸元


「価格」

766,286~1,316,572円


「燃費(JC08モード)」

35.2km/ℓ


「全長×全幅×全高」

3395×1475×1500mm


「室内長×室内幅×室内高」

1920×1350×1240mm


「最小回転半径」

4.4m


「タンク容量」

30ℓ


第3位「キャスト」


ca01a


タイプの違う3つの車種から選ぶことができる「キャスト」

質感の高い「スタイル」

ターボエンジンで走りを重視した「スポーツ」

SUV風の軽自動車「アクティバ」

といった3タイプの中から選ぶことができます。

rk07a012


軽自動車の中では乗り心地が良いモデルで安定した走行ができます。

(スタイルの乗り心地は少し硬めです)

それと緊急ブレーキは赤外線レーザーと単眼カメラを併用していて高い安全性能を持っています。

ca01b


内外装は「スタイル」以外のモデルでも質感が高いです。

ca01c


キャストの主要諸元


「価格」

1,220,400~1,744,200円


「燃費(JC08モード)」

30.0km/ℓ


「全長×全幅×全高」

3395×1475×1635mm


「室内長×室内幅×室内高」

2005×1320×1245mm


「最小回転半径」

4.7m


「タンク容量」

30ℓ


第2位「ムーヴ」


mv01a


「走り」にとことんこだわった「ムーブ」

軽量高剛性ボディの採用やサスペンション特性の見直しによって騒音や振動を軽減し、安定した乗り心地を実現しています。

mv01b


運転席のドライビングポジションにもこだわっていて、ステアリングやペダルの位置なども運転しやすい理想的なポジションになっています。

価格的には割高ですが燃費性能や安全性にも優れているので、それに見合う満足度を得られると思います。

mv01c


ムーヴの主要諸元


「価格」

1,134,000~1,803,600円


「燃費(JC08モード)」

31.0km/ℓ


「全長×全幅×全高」

3395×1475×1630mm


「室内長×室内幅×室内高」

2080×1320×1280mm


「最小回転半径」

4.4m


「タンク容量」

30ℓ


第1位「タント」


ta01a


開口部の広いドアと優れた安全性でファミリー層から高い支持を得ている「タント」

ダイハツの中だけでなく軽自動車全体の中でも一番人気のあるクルマです。

助手席側ドアのBピラー(中央の支柱)をスライドドアに内蔵することで開口幅が1490mmにもなり、大きな荷物を積む場合や子供やお年寄りの乗り降りも楽にできるようになっています。

ta01b


荷室も広くシートアレンジも多彩なので様々な使い方ができます。

ta01c


安全性にも優れていて、緊急ブレーキは歩行者も検知して車両は時速100km/hでも作動します。

あとは、撥水シートなので子供が飲み物をこぼしてしまっても拭き取るだけで済むので掃除が楽です。


タントの主要諸元


「価格」

1,220,400~1,873,800円


「燃費(JC08モード)」

28.0km/ℓ


「全長×全幅×全高」

3395×1475×1750mm


「室内長×室内幅×室内高」

2200×1350×1365mm


「最小回転半径」

4.4m


「タンク容量」

30ℓ


さいごに


ダイハツの軽自動車は他メーカーと比べるとターゲットを絞ったモデルが多いです。

(他メーカーもターゲットは絞っていますが、ダイハツは分かりやすいです)

例えば「女性専用」や「子育てママ」や「なるべくクルマにお金をかけたくないユーザー」などです。

そして、それぞれに「細かいこだわり」があります。

実際に乗って使ってみることで、「これは便利だな」と感じることが多いと思います。

ダイハツの軽自動車の中にも色々なタイプのモデルがあるので、自分に合ったモデルを探してみてください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このブログについて

Picture globe

当ブログはランキング形式であらゆるジャンルの情報をご紹介させていただくものです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る