三菱の新型SUVエクリプスクロス!発売日や評価とは?

この記事は3分で読めます

三菱の新型SUVエクリプスクロス!発売日や評価とは?

三菱の新型SUVエクリプスクロスとは?


エクリプスクロスはクーペスタイルのコンパクトサイズSUVです。

(クーペとSUVが融合したクロスオーバーモデルです)

プラットフォームは「アウトランダー」がベースとなっていて、搭載されるエンジンは1500ccのターボです。

駆動方式に電子制御4WDを採用していて、他に車両統合制御システム「S-AWC」が搭載されているので優れた走行性能を持っています。

これから発売日やより詳しい性能や評価などについてご紹介させていただきますのでお車選びの参考にしてみてください。


エクリプスクロスの発売日は?





エクリプスクロスの発売日は、2018年の春(3月頃)の予定となっています。

スポンサーリンク




エクリプスクロスの性能と評価とは?


エクステリア(外観)


エクリプスクロスの全長は4405mmで、比較的コンパクトなボディサイズになっています。

(全幅は1805mmのワイドボディなので、それほど小さいとは感じないです)

フロントデザインは、アウトランダーやRVRに採用されているデザインコンセプト「ダイナミックシールド」をさらに進化させた形となっています。



サイドウィンドーは下の部分が後ろに向かって持ち上がった形になっているので視界はあまり良くないです。

ただ、リヤウィンドウは上下に分割した形になっていてSUVの中で視界は良い方です。



クーペスタイルなので全体的にスポーティなデザインとなっています。


インテリア(内装)


内装も外観と同様にスポーティなデザインになっています。

(比較的シンプルなデザインですが、メッキパーツを使っていて質感を高めています)



それと、クーペスタイルのモデルは後席が狭くなりがちなのですが、足元の空間が広く快適な居住空間となっています。

(外観からの見た目以上に車内は広いです)

シートには、200mmのスライド機能と9段階のリクライニング機能が付いています。

あとは、スマートフォンと連動できるディスプレイやタッチパネルコントローラー、ヘッドアップディスプレイなど先進のデバイスが搭載されています。








走行性能


エンジンは、1500ccの直列4気筒ターボエンジンを搭載しています。

排気量を抑えることで燃費の消費量も抑えて、加速が必要な場合にはターボの効果で2500ccノーマルエンジン並の性能を発揮します。

ターボエンジンにすることで排気量が少なくても力不足にならず、低燃費も実現しています。

(動力性能が低いと登り坂などで力不足になりやすいですが、エクリプスクロスは45°の登り坂でも楽に登ることができます)



あとは、AWD(前輪駆動)システム「S-AWC」を搭載していて前後の駆動配分は電子制御、左右の駆動配分はAYCブレーキで制御してくれるのでカーブを曲がるときに高いハンドリング性能を発揮してくれます。

エクリプスクロスは舗装されたオフロードでも、悪路のオフロードでも高い走行性能を持っているモデルです。

安全装備や運転支援システム


エクリプスクロスは、カメラとレーダーを併用した「アクティブスマートセーフティ&スマートドライビングアシスト」を採用しています。

安全装備や運転支援システムは・・・

「衝突軽減自動ブレーキ」

「誤発進抑制機能(前進、後退)」

「ブラインドスポットワーニング」

※近づいている車や並走している車両を検知して、車線変更時の接触事故を未然に防いでくれるシステムです。

「ACC(アダクティブクルーズコントロールシステム)」

※前走車の距離を保ってくれてアクセルだけでなくブレーキ操作も自動で行ってくれます。

・・・といったシステムが搭載されています。

自動ブレーキは、アウトランダーよりも進化したもので作動速度の上限が高くなっています。


エクリプスクロスの主要諸元




「パワートレーン」

1499cc直4DOHCターボ


「全長×全幅×全高」

4405×1805×1685mm


「ホイールベース」

2670mm


「車両重量」

1550kg


「トレッド(前・後ろ)」

1545mm・1545mm


「トランスミッション」

8速CVT


「最低地上高」

175mm


「最小回転半径」

5.4m


「最高出力」

120kW/5500rpm


「最大トルク」

250Nm/1800~4500rpm


「タイヤサイズ」

225/55R18


さいごに


新型エクリプスクロスは、高い走行性能と先進の技術(テクノロジー)を搭載したクーペスタイルのSUVです。

(三菱では初となるヘッドアップディスプレイを採用しています)

比較的コンパクトなボディサイズで運転がしやすく、クーペスタイルですが後席が狭く感じないです。

現在の三菱で販売されているSUVには、アウトランダーとRVRがありますが、位置的にはこの中間的なモデルとなっています。

三菱では、2012年に発売した軽自動車ミラージュ以来のニューモデルとなるので期待の高い車です。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このブログについて

Picture globe

当ブログはランキング形式であらゆるジャンルの情報をご紹介させていただくものです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る