新型自動車情報2016!最新国産車の性能と価格とは?

この記事は3分で読めます

新型自動車情報2016!最新国産車の性能と価格とは?

2016年発売新型国産車ラインナップ情報!


2016年に発売される国産車の情報をご紹介させていただきます。


スズキ バレーノ


BH1H4cs5

低価格で安全装備に優れている「スズキ バレーノ」

「発売日」

XG : 3月9日(XTは5月13日)


「価格」

141万4800~161万7840円


バレーノの特徴


ba01b

スイフトの兄貴分的な存在のバレーノ。

スイフトと比べると、全長が145mm、全幅は50mm大きくなって、全高は30mm低くなっています。

背が低くなって長さや幅は一回り大きなっています。

一回り大きい印象はありますが軽量化されているのでスイフトより約70キロも軽く同じ大きさの他モデルに比べると約100キロくらい軽いです。

(基本的にクルマは軽ければ軽いほど同じ大きさのモデルに比べて燃費性能や動力性能が良くなります)

あとは、ホイールベースが90mm拡張されているので室内が広くなっています。

それとバレーノの魅力は低価格ながら運転支援機能や安全装備が充実していることです。

上級モデルのXTの価格は173万円でもミリ波レーダーの「アクティブクルーズコントロール(前車自動追従機能)」と「プリクラッシュセーフティ(自動ブレーキ)」が全モデルに標準装備されています。

自動ブレーキの「プリクラッシュセーフティー」は「デュアルカメラブレーキサポート」ではなく「レーダーブレーキサポートⅡ」となっています。

対応速度は約100キロ以下で作動します。

前車自動追従機能の「アクティブクルーズコントロール」はアクセルやブレーキを踏まなくても自動で前のクルマに付いていってくれるので高速道路を長時間走行する場合には負担を減らすことができます。


バレーノのオススメグレード


XT(6AT)

「主要諸元」

全長:3995mm

全幅:1745mm

全高:1470mm


車両重量:950kg

エンジン:1.0ℓ直3DOHCターボ(111PS/16.3kg・m)

燃費:20.0km/ℓ(JC08モード)

最初回転半径:4.9m


SPONSORED LINK



スズキ・イグニス


ig01a

走行性能とコストパフォーマンスに優れたコンパクトSUV「スズキ・イグニス」

ラインナップは3グレードで全車「ハイブリッド仕様」となっています。

最低地上高を180mmと余裕のある高さにして、中間のグレード以上には16インチという大径のタイヤを採用しています。

全長は3700mmでスイフトよりも150mm短くかなりコンパクトなので街中での運転がしやすいです。

(小型車の中でもトップクラスの小ささです)

通常走行はFF(前輪駆動)で、滑りやすい路面になると後輪に駆動が分配される「ビスカスカップリング式4WD」が採用されています。

あとは、滑りやすい路面で発信するときにエンジントルクやブレーキを自動で制御してくれる「グリップコントロール」も採用されています。

雪道やラフロードなどの悪路で高い走破性を発揮できるので道を選ばずアクティブな走りを楽しめるモデルとなっています。

ig01b


イグニスの主要諸元


「グレードと価格」

ハイブリッドMG

(138万2400~151万9560)


ハイブリッドMX

(150万1200~163万8360)


ハイブリッドMZ

(164万1600~177万8760)


「燃費(JC08モード)」

28.8~28.0(4WDは25.4)

※ハイブリッドMGのみ28.8で他は28.0


「全長」

3700mm


「全幅」

1660mm


「全高」

1595mm


「ホイールベース」

2435mm


「エンジン」

1242cc直4DOHC16V


「最高出力」

67kw(91ps)/6000rpm


「最大トルク」

118N・m(12.0kg・m)/4400rpm


「モーター最高出力/最大トルク」

3.1ps/5.1kg・m


「最小回転半径」

4.7m


「仕様燃料(燃料タンク容量)」

レギュラーガソリン(32ℓ/4WDは30ℓ)


イグニスのエクステリア


ig01f

ボディカラーは全13タイプとなっています。

(8色のボディカラーで、その中の5色はルーフをブラックにしたツートンカラー)

ボンネットのサイドにはスズキSUV独特の「ガーニッシュ」をとりいれています。

ig01g

Cピラー周辺はフロントクーペ風のデザインになっています。

ig01h

ヘッドライトは「MZ」だけがオートライトのLEDで他のグレードはハロゲンになっています。

オプションのナビ装着車は、ミラーの下にサイドビューのカメラを搭載しています。


イグニスのインテリア


ig01c

室内は広くシンプルな設計になっています。

シートは大きめのサイズで後席はスライドとリクライニングの機能が付いています。

シートの着座位置が高いので視界が広く運転しやすいです。

純正のナビはオプションで全方位のモニターを内蔵しています。

(純正ナビの価格は13万200~13万4000円)


イグニスの安全性能


イグニスの安全装備は全車にセーフティパッケージがオプション設定されています。

(9万7200円)

・デュアルカメラブレーキサポート

・衝突被害軽減ブレーキ

・車線逸脱警報

・誤発信抑制

・先行者発信おしらせ機能

・カーテンエアバック

・サイドエアバック

標準装備では急な坂道や雪道などでサポートをしてくれる「ヒルディセントコントロール」と「グリップコントロール」が標準装備となっています。(4WD車)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このブログについて

Picture globe

当ブログはランキング形式であらゆるジャンルの情報をご紹介させていただくものです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る