燃費ランキング2017!各クラスの燃費がいい車10選とは?

この記事は5分で読めます

燃費ランキング2017!各クラスの燃費がいい車10選とは?

燃費性能の表示について


燃費性能の表示(燃費消費率)は、JC08モード(国土交通省審査値)を基準にしていて一番燃費の良いグレードで表示してあります。

各クラス(車のジャンル)で燃費の良い車種の上位10台をご紹介させていただきますので、あなたのクルマ選びの参考にしてみてください。

(燃費の良さで同率の車種がある場合は台数が前後することがあるのとジャンルによっては10台無い場合があります)


ハイブリッドカーの燃費ランキング




ハイブリッドカーを選ぶ一番の理由は燃費の良さだと思います。

毎日の通勤で車を使ったり、趣味や旅行で長距離を運転する場合には燃料費が抑えられてお得になります。

ただ、年間の走行距離が少ないと(だいたい1万5千キロ以下だと)車両価格自体が高いので燃費が良くても損をしてしまう可能性があります。

ハイブリッドの価格上昇分を燃料費の差額で取り戻すことができなければ高い買い物になってしまうので注意してください。


1位「トヨタ プリウス」40.8 km/ℓ


2位「トヨタ プリウスPHV」37.2 km/ℓ

(EV走行距離は68.2kmです)


〃位「日産 ノート(e-POWER)」37.2 km/ℓ


4位「トヨタ アクア」37.0 km/ℓ


5位「ホンダ フィットハイブリッド」36.4 km/ℓ


6位「ホンダ グレイスハイブリッド」34.4 km/ℓ


〃位「トヨタ ヴィッツハイブリッド」34.4 km/ℓ


8位「ホンダ シャトルハイブリッド」34.0 km/ℓ


9位「トヨタ カローラフィールダーハイブリッド」33.8 km/ℓ


〃位「トヨタ カローラアクシオハイブリッド」33.8 km/ℓ




軽自動車の燃費ランキング




燃費の良さではハイブリッドカーが一番という印象を持っている人が多いと思いますが、実際には軽自動車はハイブリッドカーと同等の燃費の良さを持っています。

燃費だけでなく、車両価格や税金、車検も安いのでコストパフォーマンスでは一番優れています。


1位「スズキ アルト」37.0 km/ℓ


〃位「マツダ キャロル」37.0 km/ℓ


3位「アルト ラパン」35.6 km/ℓ


4位「ダイハツ ミライース」35.2 km/ℓ


〃位「スバル プレオプラス」35.2 km/ℓ


〃位「トヨタ ピクシスエポック」35.2 km/ℓ


7位「スズキ ワゴンR」33.4 km/ℓ


8位「スズキ スペーシア」32.0 km/ℓ


〃位「スズキ ハスラー」32.0 km/ℓ


10位「ダイハツ ムーヴ」31.0 km/ℓ



コンパクトカーの燃費ランキング




ボディが小さいので運転がしやすく、燃費や安全性能も良いコンパクトカー。

実用性が高いのでファミリー層にも人気があります。


1位 「マツダ デミオ」30.0 km/ℓ


2位「トヨタ パッソ」28.0 km/ℓ


〃位「ダイハツ ブーン」28.0 km/ℓ


4位「スズキ ソリオ」27.8 km/ℓ

(ハイブリッドは32.0km/ℓ)


5位「スズキ スイフト」27.4 km/ℓ


6位「日産 ノート」26.2 km/ℓ


7位「ホンダ フィット」26.0 km/ℓ

(ハイブリッドは36.4km/ℓ)


8位「トヨタ ヴィッツ」25.0 km/ℓ

(ハイブリッドは34.4km/ℓ)


9位「トヨタ ルーミー」24.6 km/ℓ


〃位「トヨタ タンク」24.6 km/ℓ


〃位「ダイハツ トール」24.6 km/ℓ


SPONSORED LINK




SUVの燃費ランキング




燃費が悪いという印象の強いSUV。

最近では、燃費性能の高い車種が増えてきたので、燃費性能の高い車種と低い車種がハッキリと別れるようになってきました。


1位「スズキ イグニス」28.8 km/ℓ


2位「マツダ CX-3」23.4 km/ℓ


3位「ホンダ ヴェゼル」20.6 km/ℓ

(ハイブリッドは27.0km/ℓ)


4位「スズキ SX4 Sクロス」18.2 km/ℓ


〃位「スズキ エスクード」18.2 km/ℓ


6位「マツダ CX-5」18.0 km/ℓ


〃位「日産 ジューク」18.0 km/ℓ


8位「日産 エクストレイル」16.4 km/ℓ

(ハイブリッドは20.6km/ℓ)


9位「スバル XV」16.2 km/ℓ

(ハイブリッドは20.4km/ℓ)


10位「三菱 アウトランダー」16.0 km/ℓ

(PHEVはは19.2km/ℓ)



ミニバンの燃費ランキング




ミニバンは全高が1680mm以上という背の高い車種で室内が広く居住性や実用性に優れています。

家族が増えたことによってミニバンの購入を考える方も多いです。

なるべくなら燃費性能の高いミニバンを選びたいですね。


1位「トヨタ シエンタ」20.6 km/ℓ

(ハイブリッドは27.2km/ℓ)


2位「ホンダ フリード」19.0 km/ℓ

(ハイブリッドは27.2km/ℓ)


3位「ホンダ ジェイドRS」18.0 km/ℓ


4位「日産 セレナ」17.2 km/ℓ


5位「ホンダ ステップワゴン」17.0 km/ℓ


6位「マツダ プレマシー」16.2 km/ℓ


〃位「日産 ラフェスタハイウェイスター」16.2 km/ℓ


8位「トヨタ ヴォクシー」16.0 km/ℓ

(ハイブリッドは23.8km/ℓ)


〃位「トヨタ ノア」16.0 km/ℓ

(ハイブリッドは23.8km/ℓ)


〃位「トヨタ ウィッシュ」16.0 km/ℓ



ステーションワゴンの燃費ランキング


セダンをベースに荷室を広くして、使い勝手も良くしたステーションワゴン。

低重心でスポーティな運転を楽しむことができます。



1位「トヨタ カローラフィールダー」23.0 km/ℓ

(ハイブリッドは33.8km/ℓ)


2位「ホンダ シャトル」21.8 km/ℓ

(ハイブリッドは34.0km/ℓ)


3位「マツダ アテンザワゴン」19.6 km/ℓ


4位「スバル レヴォーグ」17.6 km/ℓ


5位「日産 ウィングロード」17.2 km/ℓ


6位「トヨタ アベンシス」14.6 km/ℓ



セダンの燃費ランキング




以前は日本車の基本スタイルだったセダン。

安定した走行性と乗り心地の良さでバランスがいいクラスです。


1位「トヨタ カローラアクシオ」23.4 km/ℓ

(ハイブリッドは33.8km/ℓ)


2位「日産 ラティオ」22.6 km/ℓ


3位「ホンダ グレイスLX」21.8 km/ℓ


4位「マツダ アクセラセダン」20.6 km/ℓ

(ハイブリッドは30.8km/ℓ)


5位「マツダ アテンザセダン」19.6 km/ℓ


6位「トヨタ プレミオ」19.2 km/ℓ


〃位「トヨタ アリオン」19.2 km/ℓ


8位「スバル インプレッサG4」18.2 km/ℓ


9位「日産 シルフィ」15.6 km/ℓ


10位「スバル レガシィB4」14.8 km/ℓ



ハッチバックの燃費ランキング




ハッチバックは車種が少なく、価格や燃費がコンパクトカーに比べると割高ですが、走行性や安全性に優れています。


1位「スズキ バレーノ」24.6 km/ℓ


2位「マツダ アクセラスポーツ」21.6 km/ℓ


3位「トヨタ オーリス」19.4 km/ℓ


4位「スバル インプレッサスポーツ」18.2 km/ℓ



スポーツクーペの燃費ランキング




高性能なエンジンと足回りの良さで高い走行性能を誇るスポーツクーペ。

スポーティな外観も人気です。

ただ、車種が少なく燃費自体は良くないです。


1位「マツダ ロードスター」18.6 km/ℓ


2位「レクサス RC」13.0 km/ℓ


3位「トヨタ 86」12.8 km/ℓ


4位「スバル BRZ」12.4 km/ℓ


〃位「ホンダ NSX」12.4 km/ℓ


6位「日産 フェアレディZ」9.2 km/ℓ


7位「日産 GT-R」8.8 km/ℓ



電気自動車(EV)の燃費ランキング




圧倒的な燃費の良さを誇る電気自動車(EV)。

電気自動車はすべての走行をモーターで行うので、ガソリン車に比べてコストがかなり安いです。

ただ、車の大きさや車両価格を考えると搭載できる電池サイズが限られるので、航続距離が短くなってしまいます。


1位「日産 リーフ」一充電走行距離:280km/ℓ


2位「日産 e-NV200」一充電走行距離:188km/ℓ


3位「三菱 i-MiEV」一充電走行距離:172km/ℓ



燃料電池自動車




ハイブリッドや電池自動車の次の未来カーです。

使用燃料が水素で、空気中の酸素と化学反応させて発電することによって走ることができます。


「ホンダ クラリティフューエルセル」一充電走行距離:750km/ℓ

(企業向けのリース専用車なので一般販売はされていません)


「トヨタ MIRAI」一充電走行距離:650km/ℓ


さいごに


新車販売台数のトップ10のほとんどをハイブリッド車と軽自動車が占めています。

それだけ燃費に対してユーザーの関心が高まってきていることが新車の販売台数から感じられます。

そして、この記事に訪問していただいたあなたは燃費に対して何らかの関心があるのだと思います。

あなたがこれからクルマを選ぶ時に、燃費性能に満足できるお気に入りの一台に出会えることを願っています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

    • 池田 司雄
    • 2016年 12月2日

    ここまで燃費性能が分ると、後はスタイルだけで選べます。本当に車を選ぶ際に参考になります。近々車を買い替える予定なので本当に助かりました。でも燃費性能は三菱自動車の様にデータを改ざんしているし、この数値を鵜吞みには出来ない位です。定格の約六割で計算して買うようにしています。今2008年ティーダに乗っているのですが、その当時一番燃費が良かった様な気がしていました。燃費性能は定格の約7割ですね、でもテイーダは凄く気に入っているので、またティーダにしようと思っていますが、もう製造中止ですので製造最終年の中古テイーダを買うしかありません。又は外国から逆輸入するしかありません。それ程気にいっています。有難うございました。

      • isaori
      • 2016年 12月5日

      池田さん、コメントありがとうございます。
      近々、クルマを買い替えられるのですね。

      そうですね、燃費性能に関しては問題になったメーカーもあるし、JC08モードでの燃費性能と実際の燃費性能でのデータには差が出ていますよね。

      それと、ティーダは乗りやすいし、室内空間も快適な良いモデルですよね。
      気に入っているクルマがあると、ずっと乗りたくなりますよね。

    • tokiokatoshio
    • 2017年 3月30日

    燃費は難しいですね!運転の仕方で違うし車輌価格と用途でも使いにくい車輌も在りますしデザインも性能でしょうし駆動方式により使いかっても違います。個人的な気持ちとしては安全が担保出来る最近の流れが好きです。いくら燃費が良くても死亡したらお終いです。日本での方向は、道路インフラ整備の改良と脱化石燃料が正しい方向でしょうね!

      • isaori
      • 2017年 3月30日

      そうですね、「JC08モード燃費(国土交通省審査値)」が定められるようになりましたが、実際の燃費には少し違いがありますよね。
      問題になったメーカーもありますし、あくまでも目安でしかないです。
      私も最近の緊急自動ブレーキシステムなどの「安全性重視」の流れは好きです。
      安全で人と環境に優しいクルマがいいですね。

    • らんどせる
    • 2017年 5月12日

    トヨタ フリードになってますが、ホンダではないですか?

      • isaori
      • 2017年 5月13日

      らんどせるさん。
      ご指摘ありがとうございます!
      直させていただきました。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このブログについて

Picture globe

当ブログはランキング形式であらゆるジャンルの情報をご紹介させていただくものです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る