新型自動車情報2016!最新輸入車(外車)の性能と価格とは?

この記事は5分で読めます

新型自動車情報2016!最新輸入車(外車)の性能と価格とは?

2016年の最新輸入車(外車)ラインナップ情報


2016年に販売される新型輸入車(外車)の性能や価格などについてご紹介させていただきます。


新型アウディA4セダン


a4a2

新型アウディA4セダンとは?


新型アウディA4は、フルモデルチェンジした5代目の新型モデルです。

モデルタイプは4ドアセダンとなっています。

グレードは2タイプあって標準仕様の「2.0TFSI」とスポーツモデルの「2.0TFSIスポーツ」の2種類です。

そして駆動方式は「FF」と「4WD(クワトロ)」が両グレードとも選べるようになっています。

(クワトロというのはイタリア語で4を意味していて、4WD車で初めてオフロードだけでなく安定したオンロード走行を実現できたモデルがアウディのクワトロシステムです。なので単に4WDと言わずクワトロと名前がつくのです)

トランスミッションは全車「DCT仕様の7速Sトロニック」です。

オプションに「バーチャルコクピット」という通常のメーター画面意外にナビ画面など様々な情報が表示されるシステムを採用しています。

a4a02

a4a03

新型アウディは派手な印象はないですが、とても丁寧に作りこまれている上質な高い質感を感じさせてくれるモデルです。

価格:518万~624万円


新型アウディA4の主要諸元


「グレード」

2.0TFSIクワトロ・スポーツ(4WD)


「価格」

624万円


「燃費(JC08モード)」

15.5km/ℓ


「乗車人数」

5人乗り


「全長」

4735mm


「全幅」

1840mm


「全高」

1410mm


「ホイールベース」

2825mm


「車両重量」

1660kg


「エンジン(レギュラー仕様)」

1984cc直4DOHC16Vターボ


「最高出力」

185kw252ps/5000~6000rpm


「最大トルク」

370N・m37.7kg・m/1600~4500rpm


「タイヤ&ホイール」

225/50R17+アルミ


「最小回転半径」

5.5m


SPONSORED LINK



新型アウディA4のインテリア


a4a04

インテリアは先進的なイメージで上品さとハイテクを兼ね備えた印象になっています。

オプションの「バーチャルコクピット」は最新の車を運転しているという気分を十分味わうことができます。

室内自体はシンプルな作りになっています。

クワトロ・スポーツの場合はアルミ製インテリアパネルと本革のステアリングが標準装備となっています。

a4a05

新型アウディA4は「遮音タイプウィンドウ」なので静粛性にも優れています。


新型アウディA4のエクステリア


a4a06

アウディA4のエクステリアは、先代モデルに比べて大きな変化はないですが質感は大幅にアップしています。

派手さはないですが高級感を感じます。

マトリクスLEDライトはダイナミックターンインジケーターを内蔵しています。

それと安全装備用のレーダーをバンパーの両サイドに装備してあります。

サイドにはアルミプレートを装着してあります。

マフラーは左右の2本出しとなっています。

a4a3

安全面では、「プリクラッシュブレーキ」「アダプティブクルーズコントロール」「アクティブレーンアシスト」などにより充実した安全装備となっています。

それと室内中央モニターでは、ナビやテレビの他に「バックビュー」のモニター機能も付いています。

走行性能も高く、フットワークがしっかりしていて、ハンドリングもかなり軽快です。

動力性能でもスポーティでスピードの伸びが良いです。

ただ、路面状況によっては足回りが少し固く感じることもあります。

クワトロほどでないにしてもFF仕様でも「走りの心地良さ」を感じることができます。

デメリットは、燃費があまりよくないことと、リアシートが少し狭く感じます。


新型ボルボXC90


2016年の1月にフルモデルチェンジをしたフラッグシップSUV「ボルボXC90」

xc90a

ボルボXC90紹介動画




投稿元:LOVECARS!TV!「未来的! 最新ボルボに乗る!」


新型ボルボXC90は「スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー(SPA)」と呼ばれる新しい構造のプラットフォームを使用しています。

SPAというのは・・・

・ドライバーの周囲360℃をエアバッグで守ってくれる

・夜間でも人や動物を検知して自動ブレーキをかけてくれる

・車線から外れたら自動で修正してくれる

(ステアアシスト付きのアダプティブ・クルーズ・コントロールの進化版)

・ボロン鋼を広い範囲で使っていて強度をアップ

などなど凄い機能を備えています。

室内は縦長の大型ディスプレイが装着されていて「暑い」というだけでエアコンの温度を下げてくれるくらい優秀です。

xc90b

シートの座り心地はとても良く、なんとマッサージ機まで搭載されています。

座り心地は2列目、3列目もとても良くゆったりと座ることができて快適な乗り心地となっています。

xc90c

ハンドリング性能もかなりよくスポーティな走りを楽しむことができます。

xc90d

最新技術が凝縮されていてエクステリアも未来的なイメージで新しいタイプの次世代カーとなっています。

デメリットをあげるとすれば価格が割高なところです。


新型ボルボXC90の主要諸元


「グレード」

XC90 T6 AWD インスクリプション


「価格」

909万円

「全長」

4950mm


「全幅」

1960mm


「全高」

1760mm


「車両重量」

2100kg


「エンジン(レギュラー仕様)」

直4DOHCターボ+S/C


「総排気量」

1968cc


「最高出力」

235kw320ps/5700rpm


「最大トルク」

400N・m40.8kg・m/2200~5400rpm


新型VWゴルフ・トゥーラン


gt01a

新型VWゴルフ・トゥーランとは?


2016年の1月にフルモデルチェンジをしたVWのミニバン「ゴルフ・トゥラーン」

新型のトゥーランは3代目で現行型のゴルフ(7代目)の為に開発された「MQB」という新しいプラットフォームがベースとなっています。

日本での仕様グレードは3種類あって・・・

・ハイライン(376万9000円)

・コンフォートライン(317万円)

・トレンドライン(284万7000円)

となっています。


新型トゥーランの主要諸元


「グレード」

TSIコンフォートライン(FF)


「価格」

317万円


「燃費(JC08モード)」

18.5km/ℓ


「乗車人数」

7人乗り


「全長」

4535mm


「全幅」

1830mm


「全高」

1660mm


「ホイールベース」

2785mm


「車両重量」

1560kg


「エンジン(レギュラー仕様)」

1394cc直4DOHC16Vターボ


「最高出力」

110kw150ps/5000~6000rpm


「最大トルク」

250N・m25.5kg・m/1500~3500rpm


「タイヤ&ホイール」

205/60R16+フルキャップ


「最小回転半径」

5.5m


新型ゴルフ・トゥーランのインテリア


gt01b

内装の質感は現行のゴルフと似ています。

運転席はファミリーカーというよりドライバーズカーとして軽快な走行ができる運転環境になっています。

メーター類は見やすく、メーカーオプションのカーナビはカラー画像で車両や燃費情報を教えてくれるのでハイテクさを感じることもできます。

gt01c

居住空間では2列目シートが前列よりも少し位置が高く設定されていて、スライドとリクライニングができるようになっています。

リクライニングは旧型の背もたれを倒して前にはね上げるタンブル式から、背もたれを倒すだけのシングルホールディング式に変更されて楽になっています。

3列目シートの乗り降りもレバーを引くだけで2列目がスライドして背もたれも倒れるので旧型に比べると簡単に乗り降りができるように改善されています。

(旧型は3列目に乗る時に2列目シートを折りたたむ必要がありました)

3列目シートは足元が狭く、頭上も低いので国産のミニバンに比べると窮屈に感じます。


新型ゴルフ・トゥラーンのエクステリア


GolfTouran_Catalog_P29-34_1221ol

新型ゴルフ・トゥラーンのエクステリアは旧型に比べるとスポーティになった印象を受けます。

車両の大きさは旧型に比べると大きくなっています。

旧型のボディと比較すると、全長が130mm長くなって、全幅が35mm広くなって、全高は10mm低くなっています。

車両重量は旧型と比べると20kg軽くなっています。

(エンジン性能はアップしていて加速性能だけでなく静粛性も良くなっています)

gt01e

エクステリアは素直にカッコいいです。

そして、新型ゴルフ・トゥラーンは運転支援システムも充実しています。

車間距離を自動で維持する「アダプティブクルーズコントロール」

衝突を回避したり、軽減する「プリクラッシュブレーキ」

車線から逸脱することを防ぐ「レーンキープアシスト」

など一部オプションになりますが高度な支援システムを搭載しているのです。

新型のゴルフ・トゥラーンは欧州車らしい運転を楽しめる高い走行性能と使い勝手の良さが進化されています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このブログについて

Picture globe

当ブログはランキング形式であらゆるジャンルの情報をご紹介させていただくものです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る