燃費の良い外車ランキング2017!維持費がお得な輸入車8選とは?

この記事は3分で読めます

燃費の良い外車ランキング2017!維持費がお得な輸入車8選とは?

外車(輸入車)の燃費性能とは?


国産車は燃費が悪いと売れない時代です。

日本ではハイブリッドカーや軽自動車が大人気で燃費性能はどんどん向上しています。

そして近年では外車もかなり燃費が向上してきています。

日本車ほどではないですがリッター20km以上のモデルも珍しくなくなってきています。

今回は燃費の良い外車(輸入車)の上位8台をご紹介させていただきますので、あなたのクルマ選びの参考にしてみてください。


第8位「アウディA1 1.0TFSI(Sportback含む)」


gya1a

ポロと同じプラットフォームでコンパクトサイズの「アウディA1」

内外装が上質で高級感を感じることができるモデルとなっています。


「燃費(JC08モード)」

22.9km/ℓ


「グレード」

A1 1.0 TFSI


「パワーユニット」

直3、1ℓ DOHC+ターボ


「ミッション」

7速DCT


「価格」

249万円


※他にのグレードにも同じ燃費性能のものがあります。

・ A1 1.0TFSI Sport = 265万円

・ A1 Sportback 1.0 TFSI = 269万円

・ A1 Sportback 1.0 TFSI Sport = 285万円


第7位「アウディA3 スポーツバック e-tron」


gya1b

スポーティな走りと上質な雰囲気が魅力の「アウディA3 スポーツバック」

e-tron はプラグインハイブリッドです。

「燃費(JC08モード)」

23.3km/ℓ


「グレード」

e-tron


「パワーユニット」

直4、1.4ℓ DOHC+ターボ+モーター


「ミッション」

6速Sトロニック


「価格」

564万円


SPONSORED LINK



第6位「VW ゴルフ GTE」


gya1c

基本性能が非常に高く日本でも人気の「フォルクスワーゲン ゴルフ」

GTE はプラグインハイブリッドです。

「燃費(JC08モード)」

23.8km/ℓ


「グレード」

GTE


「パワーユニット」

直4、1.4ℓ DOHC+ターボ+モーター


「ミッション」

6速DSG


「価格」

499万円


第5位「フィアット500/500C、 500 1.2 TWINAIR POP」


gya1d

現代に復活させたイタリアの名車「フィアット500/500C」


「燃費(JC08モード)」

24.0km/ℓ


「グレード」

500 1.2 TWINAIR POP


「パワーユニット」

直2、0.9ℓ DOHC+ターボ


「ミッション」

5速AT


「価格」

226万8000円


※他にのグレードにも同じ燃費性能のものがあります。

・ 500 TWINAIR Lounge = 257万400円


第3、4位「フォルクスワーゲン up!」


低価格で安定した走行ができるコンパクトカー「フォルクスワーゲン up!」

※3、4位はグレードが違うだけで同じモデルの車です。


第4位「VW cross up!」

gya1e


「燃費(JC08モード)」

25.2km/ℓ


「グレード」

cross up!


「パワーユニット」

直3、1ℓ DOHC


「ミッション」

5速ASG


「価格」

194万円



第3位「VW move up!(4ドア)」

gya1f

「燃費(JC08モード)」

25.9km/ℓ


「グレード」

move up!(4ドア)


「パワーユニット」

直3、1ℓ DOHC


「ミッション」

5速ASG


「価格」

175万6000円


※他にのグレードにも同じ燃費性能のものがあります。

・ move up!(2ドア) = 154万8000円

・ high up!(4ドア) = 189万円


第2位「フィアット500/500C、 500S ツインエア」


2012 Fiat 500c

500S ツインエアはフィアット500/500Cのグレードの中で1番価格が高くて燃費が良いクルマです。

フィアット500C は電動ソフトトップのついているオープンカーです。


「燃費(JC08モード)」

26.6km/ℓ


「グレード」

500S TWINAIR


「パワーユニット」

直2、0.9ℓ DOHC+ターボ


「ミッション」

5速MT


「価格」

334万8000円


第1位「BMW i3 レンジエクステンダー」


gya1h

未来カーのような先進的なデザインが印象的なモデル「BMW i3」

1回の充電で最高200kmまで走行できるEVです。

発電用エンジンを搭載している i3 レンジエクステンダーは9ℓのガソリンタンクを備えていて航続距離が約300kmまでアップされます。


「燃費(JC08モード)」

27.4km/ℓ


「グレード」

BMW i3 レンジエクステンダー


「パワーユニット」

P250(モーター)+直2、0.6ℓDOHC


「ミッション」

1速固定


「価格」

546万円


さいごに


「BMW i3」のレンジエクステンダー仕様は電気自動車のマイナス要素だった航続距離の短さを大幅に改善しています。

1回の充電で約300km走行できるのですが、300kmて言ったら東京から新潟まで行ける距離です。

すごい距離ですよね。

これからは外車(輸入車)も国産車のようにどんどん燃費が向上してきているので、燃費の良さで選ばれるようになるのかもしれないですね。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このブログについて

Picture globe

当ブログはランキング形式であらゆるジャンルの情報をご紹介させていただくものです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る